通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ Prestige ]

         

携帯版
   Prestige の売れ筋最新ランキング   [2017年05月29日]
2017年05月29日(月) Prestigeの第1位は 『SAXOPHONE COLOSSUS』!
152ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
Cool Struttin
Kind of Blue
Somethin' Else
Waltz for Debby
We Get Requests
Moanin
Blue Train
モーニン+2
BALLADS
Giant Steps
SAXOPHONE COLOSSUS
Sonny Rollins Max Roach Doug Watkins Tommy Flanagan  
¥ 640(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:3045位  


Amazonレビュー
Though he lacked the improvisational fire of John Coltrane or the restless curiosity of Miles Davis, Sonny Rollins played with a rich, round tone that complemented his melodic inclinations, making him the most accessible of the postbop musicians. Saxophone Colossus is the most successful of the late 1950s albums that made his reputation. Rollins's playing never falters; he's backed by the redoubtable Max Roach on drums, Tommy Flanagan on piano, and Doug Watkins on bass. Rollins is equally at home with the lilting Caribbean air of "St. Thomas," standards ("You Don't Know What Love Is"), blues ("Strode Rode," featuring a driving Flanagan solo), and a smoldering version of Brecht-Weill's "Moritat" (better known as "Mac the Knife"). If you are new to jazz, there is no better place to start than Saxophone Colossus. --Steven Mirkin くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Overseas
Red Garland's Piano (Reis)
We Get Requests
Quiet Kenny (Reis)
Kelly Blue
Cool Struttin
Bright & Breezy
Page One
Somethin' Else
SAXOPHONE COLOSSUS
Groovy
Red Garland  
¥ 2,539(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:34956位  


Amazonレビュー
1950年代後半にレッド・ガーランドがマイルス・デイヴィスのバンドの一員だった頃、デイヴィスは決まってステージを離れて、トリオの形でガーランドを主役に据えたものだった。ガーランドは完璧なジャズピアニストで、独唱者を促すとき、ブロックコードで荒々しくスウィングするとき、浮き立つような活力と明るいアティキュレーションでシングルノートのメロディをつなぎ合わせるときなど、そのときどきに合わせて理想的な和音の範囲を探し当てることができるのだ。実に繊細な演奏だが、装飾過多に陥ることは決してない。トリオを組むレギュラーメンバーは、デイヴィス・クインテットからの才能あふれるパートナーでベース奏者のポール・チェンバースとドラマーのアート・テイラーだ。テイラーのリズムの取り方は確かで、その強弱の絶妙なバランスでバド・パウエルのドラムに選ばれてもいる。ガーランドはその洗練されたハーモニーを直接交流しあう要素と一致させている。即ちその旋律の美しさやリズミカルな躍動、テキサスや南西部のブルースの伝統にしっかりと根ざしたルーツなどだ。これらの要素はエリントンのミニマリストの傑作C-Jam Bluesの中くらいのテンポのスウィングから、Willow Weep for Meに活力を与えている深みがあって憂鬱なブルースに至るまでどこを見ても明白だ。50年代後期のガーランドのプレステージ・レーベルでのレコーディングは、モダンジャズにおけるピアノトリオの模範となっており、『Groovy』はその中でも最高の作品だ。 --Stuart Broomer くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Page One
Groovy
Blue's Moods
Soul Station
Afro-Cuban (Reis)
ザ・サイドワインダー+1
Flight to Jordan
ブルースエット
SAXOPHONE COLOSSUS
STUDY IN BROWN
Quiet Kenny [XRCD]
Kenny Dorham  
¥ 3,489(税込)
通常1~2か月以内に発送
ジャンル内ランキング:357706位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
ジャンゴ
Fontessa
Pyramid
Blues on Bach
The Last Concert
Giant Steps
モダン・ジャズ・カルテット&オーケストラ
Maiden Voyage
モダン・ジャズ・カルテット
Dulcimer
Concorde
Modern Jazz Quartet  
¥ 1,097(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:27660位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
At Shelly's Manne Hole
Alone Again
At Half Moon Bay
Bill Evans at Town Hall
Since We Met
ハウ・マイ・ハート・シングス+1
Loose Blues
I Will Say Goodbye
Alone
ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング
Time Remembered
Bill Trio Evans  
¥ 806(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:27246位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
ジャンゴ
Pyramid
マイ・フェイヴァリット・シングス
Fontessa
UNDERCURRENT
Bag's Groove
We Get Requests
SAXOPHONE COLOSSUS
アフタヌーン・イン・パリ
たそがれのヴェニス
Concorde
Modern Jazz Quartet  
¥ 3,374(税込)
ジャンル内ランキング:14411位  


Amazonレビュー
12インチLPとして発売されたモダン・ジャズ・カルテットの最初のアルバムは、ケニー・クラークに代わってコニー・ケイが初めてドラムを担当したことも売り物の一つだ。この新しい形式により録音時間が延びたことで、生演奏に近いプログラム構成にすることができた。Ralph's New Bluesで口火を切った後は、ヴィブラフォーン奏者ミルト・ジャクソン、バンドの大黒柱でいつもエレガントなピアニストのジョン・ルイスとスゥイングしやすいソウルが続く。パーシー・ヒースが表現力豊かなウォーキングバスのパターンを定着させてロンド形式でメロディをリフレインするとケイは絶妙の区切りを入れて微妙な拍子を取る。ルイスとジャクソンもAll of YouやSoftly as in a Morning Sunrise.などのバラードで見事な感情移入ぶりを発揮する。最後は軽快なタイトル曲に4人の持てるすべてを結集してセッションを締めている。 --John Swenson くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
WALKIN'
Workin' with the Miles Davis Quintet (Rudy Van Gelder Remasters)
Relaxin With the Miles Davis Quintet (Reis)
Steamin
Cookin: Rudy Van Gelder Remasters Series
Modern Jazz Giants
Groovy
Somethin' Else
Four & More
My Funny Valentine
Bags Groove
Miles Davis  
¥ 9,789(税込)
ジャンル内ランキング:267140位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Pyramid
Fontessa
The Last Concert
Concorde
Groovy
Overseas
Blues on Bach
コンコルド
My Funny Valentine
Kelly Blue
Django (Reis)
Modern Jazz Quartet  
¥ 782(税込)
通常1~2か月以内に発送
ジャンル内ランキング:90513位  


Amazonレビュー
Pianist John Lewis, vibraphonist Milt Jackson, bassist Percy Heath, and drummer Kenny Clarke were fresh from serving as the rhythm section in the Dizzy Gillespie orchestra when they went into the studio in 1953 to record--only their second session together. "Autumn in New York," which would go on to become one of the group's staple performances in concert, summarized their cameo-like pictorial strengths. The December 23, 1954 session produced two of the group's enduring masterpieces--"Django," Lewis's tribute to the then-recently deceased French gypsy guitarist, Django Reinhardt, and "One Bass Hit," with its delightfully understated exchange between Lewis and Jackson. The "La Ronda Suite" fills out a great collection. --John Swenson くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Groovy
Garland of Red
Bright & Breezy
Red in Bluesville
Overseas
Page One
All Kinds of Weather
ホエン・ゼア・アー・グレイ・スカイズ+1
Ballads
ジャズ・ポエット
Red Garland's Piano (Reis)
Red Garland  
¥ 903(税込)
通常1~2か月以内に発送
ジャンル内ランキング:12595位  


Product Description
・新品 ・未開封品 くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
We Get Requests
酒とバラの日々~ベスト・オブ・オスカー・ピーターソン
Night Train
ガール・トーク [SHM-CD]
8 CLASSIC ALBUMS
ジャズ・クラブ~フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
フライト・トゥ・デンマーク Flight To Denmark
ザ・トリオ~オスカー・ピーターソン・トリオの真髄
7 CLASSIC ALBUMS 2
ナイト・トレイン
The Way I Really Play..
Oscar Peterson  
¥ 6,504(税込)
ジャンル内ランキング:101385位  
くちコミ情報を見る
152ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。