通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ Nonesuch ]

         

携帯版
   Nonesuch の売れ筋最新ランキング   [2017年10月19日]
2017年10月19日(木) Nonesuchの第1位は 『Tango: Zero Hour』!
28ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970
ピアソラ・ベスト・コレクション
ラ・カモーラ:情熱的挑発の孤独
レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970
ラ・カモーラ ~情熱的挑発の孤独
ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ライヴ・イン・東京1988
アストル・ピアソラ: バンドネオンのためのコンチェルト
Milva & Astor Piazzolla [DVD]
Live in Tokyo1982
Tango: Zero Hour
Astor Piazzolla  
¥ 1,290(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:2278位  


Amazonレビュー
Astor Piazzolla lived and died as tango's bad boy, having almost single handedly invented the music's vanguard, the form known as tango nuevo. It took Piazzolla decades to reach his unequivocal apex, which is captured flawlessly on Tango Zero Hour. When this recording was cut in 1986, some of the compositions Piazzolla and his quintet cued up were standards for the band. Whether it was an epiphanic period or not, the recording captures an ensemble alchemically transforming seriously complex works into goose-bump-inducing electricity. Pianist Pablo Ziegler brings his jazz background into the mix with jarring urgency, just as violinist Fernando Suárez Paz makes quavering classical inflections sing amid Piazzolla's here tender and there blistering bandoneon. For a peak experience in music that challenges the ear to dance and the body to fully listen, look no further than this recording. --Andrew Bartlett くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
SUPER FOLK SONG
Home Girl Journey
ひとつだけ/the very best of akiko yano
音楽堂
Home Girl Journey
LOVE IS HERE
Soft Landing (通常盤)
ごはんができたよ(初回完全限定生産)(紙ジャケット仕様)
SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~(2017デジタル・リマスター版) [Blu-ray]
矢野顕子、忌野清志郎を歌う
Piano Nightly
Akiko Yano  
¥ 595(税込)
ジャンル内ランキング:26655位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
The Very Best Of Ragtime [Import]
ジョプリン:ラグタイム・ピアノ
ジョプリン ピアノ名曲集 解説付 全音ピアノライブラリー (zen-on piano library)
Entertainer
スコット・ジョプリン ピアノ名曲集 (ドレミ・クラヴィア・アルバム)
スティング オリジナル・サウンドトラック
The Sting: Original Motion Picture Soundtrack
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
Dixieland Jazz: This was the Jazz Age
ガーシュウィン:作品集
Piano Rags 1-3
Scott Joplin (作曲) Joshua Rifkin (Piano)  
¥ 1,209(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:23106位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
鏡の中の鏡‾ペルト作品集(SACD)(Arvo Part:Spiegel im Spiegel)
VERY BEST OF ARVO PART
ル・シネマ~フィルム・ミュージック
Rachmaninov: Preghiera
Alina - Arvo Part
New Seasons
Hommage a Piazzolla
ハッピー・バースデイ
Music of Vladimir Martynov
グレツキ:悲歌のシンフォニー (交響曲第3番 作品36)
Silencio
Kremerata Baltica Arvo Pärt (作曲) Philip Glass (作曲) Vladimir Martynov (作曲) Eri Klas (指揮)  
¥ 1,539(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:13775位  


Amazonレビュー
   ヴァイオリニストのギドン・クレーメルと彼のアンサンブル、クレメラータ・バルティカは、バロックから現代までさまざな音楽のレパートリーに取り組んできたが、彼らはもっと新しい作品にも光を当てようとしているようである。このグループはバルト海沿岸地域の音楽の動向に通じているし、クレーメルの冷たいほどの精密さと情熱的な演奏ぶりは、現代の巨匠たちにぴったりと合っている。

   「シレンシオ」についてクレーメルはもう1つ、すばらしいレコーディングを行っているが、今回は、アルヴォ・ペルト、フィリップ・グラス、ウラディーミル・マルティノフという一匹狼的な作曲家3人による瞑想的な音楽をフューチャーしている。

   マルティノフはこの3人のなかではたぶんもっとも名前が知られていないが、このディスクのハイライト曲となるのは彼の作品「“カム・イン!”」である。人の心を動かすこの作品――ロマンティックで抒情的な演奏がたっぷりとあるのが特徴である(時折ドアをノックする音が聞こえる)――は、神秘的であるが、また優しくも甘美である。

   グラスの弦楽四重奏曲第2番を管弦楽用に編曲した作品(「カンパニー」)は、クロノス弦楽四重奏団によるオリジナルとほとんど同じくらい迫力がある。世界初演のペルトの短い曲が、このディスクを完全なものにする。「ダルフ・イッヒ」はヴァイオリンとオーケストラのためのすばらしい作品で、ペルトの傑作“スンマ”を思い起こさせる。

   これはあなたをとりこにするとても楽しいディスクであり、クレーメルから贈られたもう1つの宝石である。(Jason Verlinde, Amazon.com) くちコミ情報を見る



Etudes
Debussy Jacobs Kalish  
(税込)
ジャンル内ランキング:19608位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
I Long to See You
All We Are Saying
Ghost Town
ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
Small Town
Nashville
ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
ギター・イン・ザ・スペース・エイジ
WHEN YOU WISH UPON A S
Shine
Good Dog Happy Man
Bill Frisell  
(税込)
ジャンル内ランキング:7679位  


Amazonレビュー
The live-simple equation reached in the title of Good Dog, Happy Man might lull the listener into believing that Bill Frisell's continuing vamp on his Nashville band is reaching for the quaintest sounds possible. But in truth, this mellow-opening recording is as reaching and full of yearning as any of the guitar great's other releases. He draws in the full-on bluegrass sound of Nashville with the more rock-hard crunch of that redoubtable effort's successor, Gone, Just Like a Train, which debuted longtime session drummer Jim Keltner as an ideal foil for Frisell's squishy guitar end runs around flashiness. Keltner's back on board, as is bassist Viktor Krauss (who began his Frisellian foray on Nashville), but the band has grown to include Wayne Horvitz on Hammond B-3 for several steamy tracks, Greg Leisz on steel guitar and mandolin, and Billy Cox on second six-string guitar. Frisell marks each tune with a uniquely decentered stamp, giving off a comfortable aura for new listeners and sneaking in gobs of weird twists and phrases. In addition, he samples in layers of squiggles in spots, making Dog sound like an ageless pop gem as well as the boundary-busting bounty that it is. --Andrew Bartlett くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
ジョン・アダムズ:ヴァイオリン協奏曲
Harmonielehe
John Adams  
¥ 5,844(税込)
ジャンル内ランキング:127366位  


Amazonレビュー
Of the music by the four reigning minimalists in this country (Steve Reich, Philip Glass, and Terry Riley are the others), that of John Adams is perhaps the simplest, constructed on punctuated--and percussive--chords riding above coherent melodies. This is probably why Adams has had such success with his two operas. Harmonielehre is a sustained orchestral piece in three sections--triptychs framing a slow second movement of unusual somberness, given the gaiety of the opening section. Part III, called "Meister Eckhardt and Quackie", is a sprightly fairy tale of shimmering, glissando-like textures underscored by a dignified flowing melody. --Paul Cook くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
REQUIEM FOR A DREAM
Aznavour Toujours
Trouble
Requiem for a Dream (2000 Film)
Clint Mansell (作曲)  
¥ 848(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:7544位  


Amazonレビュー
Mansell previously worked with director Darren Aronofsky on Pi where the electronica was powerfully raw. Enlisting the Kronos Quartet, this is proof of a far more intellectual process to create a through-scored piece. Both on screen and album, the music undergoes a perceivable development. Here it is given three sections ("Summer", "Fall" and "Winter"), and therefore attempts an almost symphonic form. "Summer Overture" introduces a repeatedly impressive central motif. The quartet excels in its sawing performance of it, and by the time of the first of two congas closing this initial seasonal section, you'll be prepared for the unexpected explosions of dissonance to follow. The final third ("Winter") puts a new motif through inventive stages of growth. From "Southern Hospitality" to "Meltdown" the sampled strings incessantly build in pitch until the desired unnerving effect has been well and truly achieved. This is music to match the most unshakeably nightmarish of dreams. --Paul Tonks くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
エル・タンゴ ~ピアソラへのオマージュ2
トレーシング・アストル~ピアソラへのオマージュ(3)
シレンシオ -沈黙-
ル・シネマ~フィルム・ミュージック
El Tango
ピアソラ・ベスト・コレクション
Eight Seasons
New Seasons
Piazzolla: Tango Ballet, Concierto Del Angel, Tres Piezas Para Orquesta De Camara / Kremer, Glorvigen, et al
Rachmaninov: Preghiera
Hommage a Piazzolla
Per Arne Glorvigen Friedrich Lips Astor Piazzolla (作曲) Jerzy Peterburshsky (作曲) Elisabeth Chojnacka (Harpsichord) Vadim Sakharov (Piano)  
¥ 971(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:12341位  


Amazonレビュー
Gidon Kremer, who plays the standard violin repertoire so well, has remained a restless explorer of music. Here is his first album of Piazzolla arrangements, introduced by a moving and perceptive assessment of Piazzolla by composer John Adams. Kremer has completely steeped himself in the spirit of the tango, and of Piazzolla's transformation of this music into concert works. The selection (mostly larger-scale Piazzolla works), the varied arrangements, and the compelling quality of the playing make this one of the best albums of this music not involving the composer's own performances. And if you love it, you'll be glad to know that Kremer's second Piazzolla album is also available. --Leslie Gerber くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Glassworks Masterworks Expanded Edition
Philip Glass/ The Complete Piano Etudes
Solo Piano
Passages
Songs From Liquid Days
Philip Glass: Songs and Poems for Solo Cello
Philip Glass: Music from The Hours
Performs Philip Glass
Mishima: A Life In Four Chapters (1985 Film)
Kundun: Music From The Original Soundtrack
The Hours
Philip Glass (作曲)  
¥ 1,478(税込)
通常1~2か月以内に発送
ジャンル内ランキング:410358位  


Amazonレビュー
   永遠性を追い求める音楽を書くより、たがいに無関係な3つの時代が舞台となる映画に曲をつけるほうが、どれだけいいだろうか? フィリップ・グラスのミニマル・ミュージックの特質は、この『めぐりあう時間たち』にとてもよく生かされている。マイケル・カニンガムの小説を原作にしたこの映画では、3人の女性――1920年代初頭のヴァージニア・ウルフ、第2次世界大戦直後の専業主婦、それに現代の書籍編集者――の物語が展開されるが、彼女たちの日常はそれぞれ異なるやり方でウルフの小説「ダロウェイ夫人」とかかわっている。『めぐりあう時間たち』のプロデューサー、スコット・ルーディンは、これら3つの時代の音のモンタージュを作るくらいならと(たぶんウルフはラヴェルで、主婦はマックス・スタイナーで、編集者はエンヤでといった具合に)、グラスに助力を求めた。グラスはコンテンポラリー=クラシック音楽の作曲家で、映画音楽の分野でも十分キャリアを積んでおり、最近の作品では「コヤニスカッツィ」がもっとも注目される。聴きなれたグラスのサウンド――限りなく層をなすヴァイオリンの音、変化のないメロディ、氷のように冷ややかなリズム、これらすべてが相まって、しばしば時間的に行ったり来たりする物語に首尾一貫した聴覚的基盤を与えている。曲はオーケストラと、弦楽四重奏団と、ピアノのために書かれている。これら弦楽器の豊かな音色は、マイケル・リースマンがクールに演奏するピアノ・パートにとって、音のサスペンションの勝利ともいうべき分厚いクッションとなり、ひとつひとつの音符が、スローモーションで滝のように流れ落ちる音階の短いセットだけでなく、思索的な沈黙によってもしばしば区切られているものを強調する。グラス作品のファンにとってなじみ深いのはこれら楽曲のテーマだけでなく、メロディのいくつかにも聴き覚えがあるだろう。スコアのいくつかの部分は彼のアルバム「グラスワークス」と「ソロ・ピアノ」、それにオペラ「サティアグラハ」から生まれたもので、このオペラには、それぞれ異なる時代に活躍した3人の伝説上の人物の物語がたまたま含まれている。(Marc Weidenbaum, Amazon.com) くちコミ情報を見る
28ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。