通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ Nonesuch ]

         

携帯版
   Nonesuch の売れ筋最新ランキング   [2017年05月22日]
2017年05月22日(月) Nonesuchの第1位は 『Tango: Zero Hour』!
28ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970
Oblivion
ピアソラ・ベスト・コレクション
ラ・カモーラ:情熱的挑発の孤独
レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970
ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ライヴ・イン・東京1988
アストル・ピアソラ: バンドネオンのためのコンチェルト
Milva & Astor Piazzolla [DVD]
Live in Tokyo1982
Tango: Zero Hour
Astor Piazzolla  
¥ 1,462(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:213位  


Amazonレビュー
Astor Piazzolla lived and died as tango's bad boy, having almost single handedly invented the music's vanguard, the form known as tango nuevo. It took Piazzolla decades to reach his unequivocal apex, which is captured flawlessly on Tango Zero Hour. When this recording was cut in 1986, some of the compositions Piazzolla and his quintet cued up were standards for the band. Whether it was an epiphanic period or not, the recording captures an ensemble alchemically transforming seriously complex works into goose-bump-inducing electricity. Pianist Pablo Ziegler brings his jazz background into the mix with jarring urgency, just as violinist Fernando Suárez Paz makes quavering classical inflections sing amid Piazzolla's here tender and there blistering bandoneon. For a peak experience in music that challenges the ear to dance and the body to fully listen, look no further than this recording. --Andrew Bartlett くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
鏡の中の鏡‾ペルト作品集(SACD)(Arvo Part:Spiegel im Spiegel)
VERY BEST OF ARVO PART
ル・シネマ~フィルム・ミュージック
New Seasons
Alina - Arvo Part
ピアソラへのオマージュ
Rachmaninov: Preghiera
グレツキ:悲歌のシンフォニー (交響曲第3番 作品36)
Music of Vladimir Martynov
ハッピー・バースデイ
Silencio
Kremerata Baltica Arvo Pärt (作曲) Philip Glass (作曲) Vladimir Martynov (作曲) Eri Klas (指揮)  
¥ 1,459(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:22571位  


Amazonレビュー
   ヴァイオリニストのギドン・クレーメルと彼のアンサンブル、クレメラータ・バルティカは、バロックから現代までさまざな音楽のレパートリーに取り組んできたが、彼らはもっと新しい作品にも光を当てようとしているようである。このグループはバルト海沿岸地域の音楽の動向に通じているし、クレーメルの冷たいほどの精密さと情熱的な演奏ぶりは、現代の巨匠たちにぴったりと合っている。

   「シレンシオ」についてクレーメルはもう1つ、すばらしいレコーディングを行っているが、今回は、アルヴォ・ペルト、フィリップ・グラス、ウラディーミル・マルティノフという一匹狼的な作曲家3人による瞑想的な音楽をフューチャーしている。

   マルティノフはこの3人のなかではたぶんもっとも名前が知られていないが、このディスクのハイライト曲となるのは彼の作品「“カム・イン!”」である。人の心を動かすこの作品――ロマンティックで抒情的な演奏がたっぷりとあるのが特徴である(時折ドアをノックする音が聞こえる)――は、神秘的であるが、また優しくも甘美である。

   グラスの弦楽四重奏曲第2番を管弦楽用に編曲した作品(「カンパニー」)は、クロノス弦楽四重奏団によるオリジナルとほとんど同じくらい迫力がある。世界初演のペルトの短い曲が、このディスクを完全なものにする。「ダルフ・イッヒ」はヴァイオリンとオーケストラのためのすばらしい作品で、ペルトの傑作“スンマ”を思い起こさせる。

   これはあなたをとりこにするとても楽しいディスクであり、クレーメルから贈られたもう1つの宝石である。(Jason Verlinde, Amazon.com) くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
ジョプリン:ラグタイム・ピアノ
The Very Best Of Ragtime [Import]
ジョプリン ピアノ名曲集 解説付 全音ピアノライブラリー (zen-on piano library)
Entertainer
最新版 名曲名盤500 (ONTOMO MOOK)
The Sting: Original Motion Picture Soundtrack
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
スティング オリジナル・サウンドトラック
ヘンデル:組曲「王宮の花火の音楽」、組曲「水上の音楽」
ガーシュウィン:作品集
Piano Rags 1-3
Scott Joplin (作曲) Joshua Rifkin (Piano)  
¥ 1,227(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:50559位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
SUPER FOLK SONG
Home Girl Journey
ひとつだけ/the very best of akiko yano
Home Girl Journey
ごはんができたよ(初回完全限定生産)(紙ジャケット仕様)
音楽堂
ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-(初回限定盤)(DVD付)
矢野顕子、忌野清志郎を歌う
LOVE IS HERE
ピヤノアキコ。~the best of solo piano songs~ (SACD-Hybrid)
Piano Nightly
Akiko Yano  
¥ 1,403(税込)
ジャンル内ランキング:65487位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
シレンシオ -沈黙-
エル・タンゴ ~ピアソラへのオマージュ2
トレーシング・アストル~ピアソラへのオマージュ(3)
ル・シネマ~フィルム・ミュージック
ピアソラへのオマージュ(2)
New Seasons
ピアソラ・ベスト・コレクション
Eight Seasons
ハッピー・バースデイ
Oblivion
Hommage a Piazzolla
Per Arne Glorvigen Friedrich Lips Astor Piazzolla (作曲) Jerzy Peterburshsky (作曲) Elisabeth Chojnacka (Harpsichord) Vadim Sakharov (Piano)  
¥ 983(税込)
通常1~2か月以内に発送
ジャンル内ランキング:27123位  


Amazonレビュー
Gidon Kremer, who plays the standard violin repertoire so well, has remained a restless explorer of music. Here is his first album of Piazzolla arrangements, introduced by a moving and perceptive assessment of Piazzolla by composer John Adams. Kremer has completely steeped himself in the spirit of the tango, and of Piazzolla's transformation of this music into concert works. The selection (mostly larger-scale Piazzolla works), the varied arrangements, and the compelling quality of the playing make this one of the best albums of this music not involving the composer's own performances. And if you love it, you'll be glad to know that Kremer's second Piazzolla album is also available. --Leslie Gerber くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Adams: Harmonielehre
Chairman Dances
Complete Piano Music
Tristan Und Isolde
Arvo Part: Te Deum / Kaljuste, Estonian Philharmonic Chamber Choir
Rothko Chapel
Adams: the John Adams Earbox
John Adams  
¥ 37,713(税込)
ジャンル内ランキング:10109位  


Amazonレビュー
Having earned his composing stripes after the 1960s, John Adams had the pioneering work of Steve Reich, Philip Glass, and Terry Riley close at hand as he ventured into his trade. And, while minimalism's historical continuum helps place Adams, he used Reich, Glass, and Riley (among others) only as a starting point. And here's proof: a 10-CD retrospective of nearly all Adams's recorded compositions on Nonesuch Records, the label that also issued Steve Reich 1965-1995 and Kronos Quartet: 25 Years. Adams's Harmonium, a choral work of startling energy and effervescence, appears here in a new recording, as do distillations of both The Death of Klinghoffer and Nixon in China, two path-clearing operas. Over the span of a career covered by Earbox, Adams has returned minimalism to traditional instrumental ensembles as well as to projects that at once advanced a political commentary and took that commentary back to orchestral audiences. And so, in far less time than his predecessors, Adams created works that now play like standard repertoire pieces: The Wound Dresser and Shaker Loops and the Violin Concerto--all of them are here. What these works demonstrate is a fierce creativity on the one hand and perhaps a hunger for commercial advances on the other. Adams may at times be a bustling free thinker, but he sounds ever conscious of what audiences are listening to. As for the works themselves, they remain every bit as daunting as when written.

Some may object to particular selections. I Was Looking at the Ceiling and Then I Saw the Sky, for example, hardly ranks with Adams's best work. But this box isn't a mere best-of; it's an almost-all-of. At times terrifically American--especially in the news-aware operas and their narrative pragmatism--Adams well deserves a major box set, and its coverage is appropriate to his varied, stylistically diverse output. As with any large-scale retrospective, Earbox--which fairly bristles with Adams's new composition, Slonimsky's Earbox--has spots where fans might balk at the quality of the composer's writing. But it's got a fantastic accompanying booklet along with its many hours of inarguably modern and thoroughly listener-friendly music. --Andrew Bartlett くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
Reich: Octet / Music for a Large Ensemble / Violin Phase
Music for 18 Musicians
Steve Reich Works 1965-1995
Steve Reich (作曲) Bang on a Can All-Stars London Symphony Orchestra Kronos Qt Reich Ensemble Bradley Lubman (指揮) Reinbert de Leeuw (指揮) Michael Tilson Thomas (指揮) Paul Hillier (指揮) Michael Gordon (Keyboards) Lisa Moore (Keyboards) Mark Stewart (Keyboards) Evan Ziporyn (Keyboards) Yvonne Benschop (Mezzo Soprano) Ananda Goud (Mezzo Soprano) Schönberg Ensemble (オーケストラ) Brooklyn Philharmonic Orchestra (オーケストラ) Nurit Tilles (Piano) Edmund Niemann (Piano) Barbara Borden (Soprano) Tannie Willemstijn (Soprano) Hague Percussion Ensemble (Vocals) Reich and Musicians (Vocals) Brooklyn Philharmonic Chorus (Vocals) Theatre of Voices (Vocals)  
¥ 31,358(税込)
ジャンル内ランキング:16140位  


Amazonレビュー
   1997年、スティーヴ・ライヒの60歳の誕生日のなごりが消えないうちに、ノンサッチ・レコードはライヒと彼のファンのもとに大きな贈り物を届けてくれた。ライヒが同レーベルのために書いた作品を振り返るこの10枚組CDは、テープ操作による最初期の作品からサンプラーを駆使した最新作、そしてベリル・コロットのビデオ・アート作品で構成されている。重なり合って響く軽快なマリンバが澄んだ感覚をつくり出す『Six Marimbas』や、緊密で目がくらみそうな『Piano Phase』を例外として、ライヒの音楽には必ずといっていいほど肉体的な反応がともなう。そこが人を酔わせ、虜(とりこ)にする。ライヒはそれを承知しているのだ。
   『It’s Gonna Rain』は、初期の独創的なコードを打ち出しつつ、アフリカ系アメリカ人のペンテコステ派の宣教師による説教や、タイトル・フレーズの早回し(最後には1つの単語を超高速で連呼するかのようになる)をフィーチャーしている。さて、打楽器作品も多い。『Clapping and Drumming』では、手を叩く音とドラムの音があまりに似ていること、暖かく透明な響きに驚かされる。人気の高い『Piano Phase』は、ピアニストのヌリット・ティルズとEduard Neumannをフィーチャー。2台のピアノをぴったりシンクロさせて、とんでもない速さでユニゾンを聴かせる。2人の4つの手は、お互いの時間を止めるかのようにフレーズを弾き終えたかと思いきや、再びエネルギーとフォーカスの激しいデモンストレーションに突入するのだ。セット後半のCDには喜びにあふれた作品が収められており、その多くは近年のライヒの精神主義とユダヤ教への傾倒を明らかにしている。『Different Trains』ではホロコーストがテーマとなり、『Tehillim』ではヘブライ語のテクストが魅力的なコーラスで浮かび上がる。『Proverb』ではペロタンが参照されている。終盤を飾るのは近作の『Nagoya Marimbas』、サンプラーを多用した『City Life』や『The Cave』だ。(Andrew Bartlett, Amazon.com)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
ショスタコーヴィチ:交響曲全集 (Shostakovish: Symphonies)
ピアソラへのオマージュ
Symphony 1 & 2
ショパン:夜想曲集
グノー:聖チェチーリア・ミサ曲
Symphony 3 " Sorrowful Songs "
Henryk Górecki (作曲) David Zinman (指揮) London Sinfonietta (オーケストラ) Dawn Upshaw (Soprano)  
¥ 1,288(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:4981位  


Amazonレビュー
This album, which catapulted Polish composer Henryk Gorecki to into the international spotlight, takes texts born in pain and turns them into statements of affirmation through the use of music that ebbs and flows in mystic minimalism. The clear voice of soprano Dawn Upshaw, singing the Polish texts, is a large part of the success of this particular recording, but the music, contemporary without either dissonance or movie-music mawkishness, clarifies and uplifts the words. This is a moving and essential element of the modern repertoire. --Sarah Bryan Miller くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
ジョージ・ガーシュウィン自作自演
ガーシュウィン:作品集
Piano Rolls 2
エッセンシャル・ジョージ・ガーシュウィン
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人/他
Overseas
ガーシュウィン・プレイズ・ガーシュウィ (Gershwin Plays Gershwin)
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー,グローフェ:グランド・キャニオン
バラキレフ:ピアノ曲全集 6枚組
Oscar Peterson Plays The George Gershwin Songbook
The Piano Rolls
George Gershwin (Piano) Frank Milne (Piano)  
¥ 1,614(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:8432位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
I Long to See You
All We Are Saying
ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
Ghost Town
When You Wish Upon a Star
Nashville
Nearness
Guitar In The Space Age
History Mystery
Good Dog Happy Man
Bill Frisell  
(税込)
ジャンル内ランキング:13555位  


Amazonレビュー
The live-simple equation reached in the title of Good Dog, Happy Man might lull the listener into believing that Bill Frisell's continuing vamp on his Nashville band is reaching for the quaintest sounds possible. But in truth, this mellow-opening recording is as reaching and full of yearning as any of the guitar great's other releases. He draws in the full-on bluegrass sound of Nashville with the more rock-hard crunch of that redoubtable effort's successor, Gone, Just Like a Train, which debuted longtime session drummer Jim Keltner as an ideal foil for Frisell's squishy guitar end runs around flashiness. Keltner's back on board, as is bassist Viktor Krauss (who began his Frisellian foray on Nashville), but the band has grown to include Wayne Horvitz on Hammond B-3 for several steamy tracks, Greg Leisz on steel guitar and mandolin, and Billy Cox on second six-string guitar. Frisell marks each tune with a uniquely decentered stamp, giving off a comfortable aura for new listeners and sneaking in gobs of weird twists and phrases. In addition, he samples in layers of squiggles in spots, making Dog sound like an ageless pop gem as well as the boundary-busting bounty that it is. --Andrew Bartlett くちコミ情報を見る
28ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。