通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ Jazz ]

         

携帯版
   Jazz の売れ筋最新ランキング   [2018年02月20日]
2018年02月20日(火) Jazzの第1位は 『Waltz for Debby』!
1,973ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
PORTRAIT IN JAZZ
COOL STRUTTIN' '99
Kind of Blue
SAXOPHONE COLOSSUS
We Get Requests
Sunday at the Village Vanguard: Keepnews Coll
Somethin' Else
Explorations
UNDERCURRENT
Moanin
Waltz for Debby
Bill Evans  
¥ 37,800(税込)
ジャンル内ランキング:121915位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
チェット・ベイカー・シングス・アンド・プレイズ
枯葉
CANDY
My Funny Valentine
レッツ・ゲット・ロスト〜オリジナル・サウンドトラック
チェット+1
We Get Requests
helen merrill
アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1
スタン・ゲッツ・プレイズ+1
Sings
Chet Baker  
¥ 626(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:23971位  


Amazonレビュー
   チェット・ベイカーの代表作として多くの人が真っ先にあげるのが本作。トランペッターだったチェットが歌うようになったのは50年代はじめのこと。そして歌手としての名声を確立したのが本作だった。
   曲はおなじみのスタンダードばかり。しかしチェットが歌うと、そこに独特の世界が広がり、聴く者はついついその世界に引き込まれてしまう。そういう意味では、チェットの歌と演奏には麻薬的な魅力が潜んでいる。ジャズ・ヴォーカルにありがちな大胆なフェイクは行なわず、メロディをストレートに歌い上げるスタイルはいたってシンプル、それでいて味わい深い。まるで耳元で囁くようなソフトな感触の歌声はチェットの専売特許といっていい。いまでは笑い話だが、当時チェットの歌を聴いた人は、女性が歌っていると誤解したりしたものだ。中性的と形容されるアンニュイな歌声、その歌声とリリカルなトランペットのハーモニーが絶妙だ。チェット・ベイカーを聴くなら、なにはさておき本作から。(市川正二)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー
マイ・ソング
ジャスミン
スタンダーズ Vol.1
フェイシング・ユー
スタンダーズ Vol.2
枯葉+1
リターン・トゥ・フォーエヴァー
バッハ:ゴルトベルク変奏曲
ソロ・コンサーツ
The Koln Concert
Keith Jarrett  
¥ 1,397(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:73631位  


Amazonレビュー
   キース・ジャレットは、ソロピアノで独自の世界を築きあげたことでも評価されている。ドイツのレーベル「ECM」からの最初の作品はソロピアノで、スタジオ録音では8曲のオリジナルを演奏した。

   だが、キースの天才ぶりが発揮されたのは、完全なる「即興」ピアノ演奏の本盤だ。観客の目の前で、気持ちのおもむくまま弾くソロは長くなるが、それでも起承転結のある構成力の高さには舌を巻く。即興でありながら、難解なところがない。冒頭の<1>は、車のCMに使用されたこともあるほどだ。彼のポップなメロディセンスが最大限に表れ、リアルタイムで最適なハーモニーをつけていく。一定のテンポで1つのフレーズを繰り返す情熱的なパートや、すべての音に集中して奏でるパートの美しさに、言葉を失うばかりだ。

   このアルバムの成功もあって、即興ソロピアノ・アルバムは多数録音される。だが、完成度では本盤が最も高いといえるだろう。(高木宏真) くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
BITCHES BREW
SAXOPHONE COLOSSUS
Waltz for Debby
Blue Train
IN A SILENT WAY
ON THE CORNER
ラウンド・アバウト・ミッドナイト(MONO)(期間生産限定盤)
We Get Requests
Moanin
My Funny Valentine
Kind of Blue
Miles Davis  
¥ 1,741(税込)
ジャンル内ランキング:216327位  


Amazonレビュー
This is the one jazz record owned by people who don't listen to jazz, and with good reason. The band itself is extraordinary (proof of Miles Davis's masterful casting skills, if not of God's existence), listing John Coltrane and Julian "Cannonball" Adderley on saxophones, Bill Evans (or, on "Freddie Freeloader", Wynton Kelly) on piano, and the crack rhythm unit of Paul Chambers on bass and Jimmy Cobb on drums. Coltrane's astringency on tenor is counterpoised to Adderley's funky self on alto, with Davis moderating between them as Bill Evans conjures up a still lake of sound on which they walk. Meanwhile, the rhythm partnership of Cobb and Chambers is prepared to click off time until eternity. It was the key recording of what became modal jazz, a music free of the fixed harmonies and forms of pop songs. In Davis's men's hands it was a weightless music, but one that refused to fade into the background. In retrospect every note seems perfect, and each piece moves inexorably towards its destiny. --John Szwed くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
COOL STRUTTIN' '99
SAXOPHONE COLOSSUS
Waltz for Debby
Kind of Blue
Time Out
オスカー・ピーターソンの世界
酒とバラの日々~ベスト・オブ・オスカー・ピーターソン
GROOVY
Somethin' Else
Blue Train
We Get Requests
Oscar Peterson  
¥ 1,139(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:70102位  


Amazonレビュー
This 1964 studio session features the Peterson trio with bassist Ray Brown and Ed Thigpen, a group that had been together for five years by then and performed like a well-oiled machine. The repertoire is mostly pop songs of the day, including bossa nova tunes and film themes, and the treatments are fairly brief, with emphasis placed squarely on the melodies. Even in their lightest moments, though, the group demonstrates some of the qualities that made it among the most influential piano trios in jazz, a group that could generate tremendous rhythmic energy and a sense of developing musical detail. For all his legendary force, Peterson possesses a subtle rhythmic sense, and here he infuses even "People" with an undercurrent of swing. This is undemanding, tuneful music best suited for casual listening, but it still sparkles with the trio's customary élan. --Stuart Broomer くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
COOL STRUTTIN' '99
Somethin' Else
Kind of Blue
Blue Train
Moanin
Waltz for Debby
We Get Requests
ジャイアント・ステップス
バラード
BALLADS
Saxophone Colossus
Sonny Rollins Max Roach Doug Watkins Tommy Flanagan  
¥ 3,151(税込)
ジャンル内ランキング:55894位  


Amazonレビュー
   現在も第一線で活躍しているテナーサックス奏者、ソニー・ロリンズの代表作であるばかりでなく、モダン・ジャズの代表的名盤だ。
   本人の作曲した名曲<1>をはじめ、プレヒトの『三文オペラ』のなかで歌われた、クルト・ワイル作曲の<4>(別名『マック・ザ・ナイフ』)など、よく知られた曲目が演奏されているのも人気の秘密だろう。しかしこのアルバムは、彼の即興演奏家としての実力をあますところなくとらえている点、そしてポピュラーであると同時にジャズの魅力をストレートに伝えているという両点で、非常にすぐれた作品なのだ。
   また、サックス奏者1人にリズムセクションがつく4人編成なので、ソニー・ロリンズの演奏の特徴がわかりやすい。ジャズに興味をもった人が最初に購入するのに最適のアルバムだ。(後藤雅洋)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Waltz for Debby
Explorations
Sunday at the Village Vanguard: Keepnews Coll
UNDERCURRENT
SAXOPHONE COLOSSUS
I Will Say Goodbye
サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+5
We Get Requests
Blue Train
Somethin' Else
Portrait in Jazz
Bill Evans  
¥ 7,531(税込)
ジャンル内ランキング:570359位  


Amazonレビュー
   マイルス・ディヴィスは59年の『カインド・オブ・ブルー』で、新しいアドリブ法「モード」を完成させた。参加したビル・エヴァンスの貢献度は絶大だが、エヴァンス自身もヒントをつかむ。同年末、スコット・ラファロ(B)、ポール・モチアン(Dr)というメンバーで結成されたビル・エヴァンス・トリオは、この方法を自らのトリオで実践する。演目は以前より演奏するスタンダードナンバーだが、アプローチにモードを応用してみる。簡単に言うと、メロディが乗って進行していくコード進行というものを大きくとらえ、アドリブの可能性を広げるということ。
   必ずしもリズムを刻まないベース&ドラムスは、ピアノとともに音楽を引っ張っていく。それまでのピアノと、それを伴奏するベース&ドラムではなく、三者対等にジャズを演奏していくことでスリリングなジャズが誕生した。その記念すべきアルバムは、以上の能書きなど知らなくても楽しめる、人気ピアニストの人気盤でもある。(高木宏真)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
ジャスミン
ケルン・コンサート
マイ・ソング
フェイシング・ユー
枯葉+1
スタンダーズ Vol.1
Waltz for Debby
We Get Requests
スタンダーズ Vol.2
Kind of Blue
The Melody At Night, With You
Keith Jarrett  
¥ 1,100(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:13806位  


Amazonレビュー
   慢性疲労症候群という聞き慣れない病気のため、しばらく活動を休止していたキース・ジャレットは1998年録音の本作によって見事に復活した。自宅のスタジオで録音したソロ・ピアノ集。曲は<6>のメドレーの後半に自作を配している以外はすべてスタンダード&トラッド。それまで部分的にソロ・ピアノでスタンダードを演奏することはあっても、本作のようなソロ・ピアノによるスタンダード曲集というのは、キースにとってこれが初めてのことで、その点でも特筆すべき作品。
   アプローチはいたってシンプルで、いかにメロディの美しさを伝えるか、その一点に心血を注いでいるかのような演奏だ。変わったアレンジで驚かせてやろうなんて下心は微塵もなく、誠心誠意、原曲の美しさを際立たせる純真無垢なプレイに徹している。この曲、こんなに美しい曲だったっけと感じ入る瞬間が何度も訪れる。すべてゆっくりしたテンポの演奏。バラード集といっていい内容だが、単なるバラード集ではなく、そこには敬虔(けいけん)なムードに包まれたキースならではの世界がある。(市川正二)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
ジャイアント・ステップス
SAXOPHONE COLOSSUS
Kind of Blue
至上の愛
COOL STRUTTIN' '99
Somethin' Else
BALLADS
マイ・フェイヴァリット・シングス
Moanin
My Favorite Things
Blue Train
John Coltrane  
¥ 2,515(税込)
ジャンル内ランキング:400612位  


Amazonレビュー
Blue Train is one of those ineffable sound recordings that actually seems to capture a moment of perfect artistry. Coltrane was in the midst of a Prestige recording contract but was able to honor a previous commitment to Blue Note and release this one album. With four Coltrane originals, including the haunting theme of the title track, and one standard, this recording showed Coltrane was becoming the complete package: player, composer, and bandleader. What distinguishes this session from the Prestige dates of the same time is the easy, relaxed, and obviously well-rehearsed playing of the group, and the usual masterful recording by Rudy van Gelder. This enhanced CD-ROM also features two alternate takes. The well-designed multimedia elements, including musician interviews and pictures from the famous van Gelder studio, round this stellar session into an experience that informs and delights over and over. --Michael Monhart くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
COOL STRUTTIN' '99
We Get Requests
Somethin' Else
Maiden Voyage
SAXOPHONE COLOSSUS
Moanin
Blue Train
Kind of Blue
Waltz for Debby
GROOVY
Time Out
Dave Brubeck  
¥ 639(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:2721位  


Amazonレビュー
Boasting the first jazz instrumental to sell a million copies, the Paul Desmond-penned "Take Five," Time Out captures the celebrated jazz quartet at the height of both its popularity and its powers. Recorded in 1959, the album combines superb performances by pianist Brubeck, alto saxophonist Desmond, drummer Joe Morrello and bassist Gene Wright. Along with "Take Five," the album features another one of the group's signature compositions, "Blue Rondo a la Turk." Though influenced by the West Coast-cool school, Brubeck's greatest interest and contribution to jazz was the use of irregular meters in composition, which he did with great flair. Much of the band's appeal is due to Desmond, whose airy tone and fluid attack often carried the band's already strong performances to another level. Together, he and Brubeck proved one of the most potent pairings of the era. --Fred Goodman くちコミ情報を見る
1,973ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。