通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ ビバップ ]

         

携帯版
   ビバップ の売れ筋最新ランキング   [2017年11月19日]
2017年11月19日(日) ビバップの第1位は 『Waltz for Debby』!
2,540ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
PORTRAIT IN JAZZ
COOL STRUTTIN' '99
Kind of Blue
SAXOPHONE COLOSSUS
We Get Requests
Explorations
Sunday at the Village Vanguard: Keepnews Coll
Somethin' Else
UNDERCURRENT
カインド・オブ・ブルー+1
Waltz for Debby
Bill Evans Scott LaFaro  
¥ 1,210(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:1468位  


Amazonレビュー
Recorded live at the Village Vanguard, this set rounded out what became known as an early "full" portrait of Bill Evans by following Sunday at the Village Vanguard with most of the rest of the music he played on June 25, 1961. Very little in the annals of piano-trio jazz ever reached the clarity of execution that Evans made his own with the recordings from this single date. With bassist Scott LaFaro and drummer Paul Motian, Evans reached a rapport that sounded whisper-intimate, rolling into gentle cascades and then rhythmically pouncing juts. On the keys, Evans sounds at once completely walled-off and nakedly open as he takes on "My Foolish Heart" and the title melody. The chords are voiced ever so oddly, as are the bass and drums. Coming as it did several months in the wake of the successful first episode in Evans's Vanguard, Waltz for Debby just made it all the more obvious what a wonder the world had in this trio and its leader. --Andrew Bartlett くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
SAXOPHONE COLOSSUS
Waltz for Debby
COOL STRUTTIN' '99
We Get Requests
Blue Train
Somethin' Else
Moanin
My Funny Valentine
PORTRAIT IN JAZZ
ジャイアント・ステップス
Kind of Blue
Miles Davis Jimmy Cobb John Coltrane Paul Chambers Wynton Kelly Cannonball Adderley Bill Evans  
¥ 751(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:2056位  


Amazonレビュー
   50年代末、それまでジャズの中心的なスタイルだったハードバップが、先鋭な発想をもったミュージシャンには飽き足らないものと映るようになっていた。そこでマイルス・ディヴィスは、煮詰まった音楽の一新を計るべく、ジャズの演奏原理に「モード」と呼ばれる新しい音楽理念を導入した。そのときに作ったのがこのアルバムである。

   発売と同時に大きな反響を呼んだこの演奏は、新時代のジャズとして、60年代のジャズシーンを主導する重要な歴史的役割を果たした。またこの作品は、ジャズファンだけでなく幅広い層から長期にわたって支持されたこともあって、ジャズアルバムでは異例ともいえるセールス枚数を記録している。
   綿密に構成された内容は、それまでのジャズのイメージを変える斬新なものだ。(後藤雅洋) くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
COOL STRUTTIN' '99
SAXOPHONE COLOSSUS
Waltz for Debby
Kind of Blue
Time Out
GROOVY
酒とバラの日々~ベスト・オブ・オスカー・ピーターソン
Somethin' Else
オスカー・ピーターソンの世界
Art Pepper Meets The Rhythm Section
We Get Requests
Oscar Peterson  
¥ 610(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:4307位  


Product Description
1. Quiet Nights Of Quiet Stars (Corcovado)
2. Days Of Wine And Roses
3. My One And Only Love
4. People
5. Have You Met Miss Jones?
6. You Look Good To Me
7. The Girl From Ipanema (Garota De Ipanema)
8. D & E
9. Time And Again
10. Goodbye J.D.
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Waltz for Debby
Explorations
Sunday at the Village Vanguard: Keepnews Coll
Kind of Blue
UNDERCURRENT
SAXOPHONE COLOSSUS
I Will Say Goodbye
We Get Requests
Somethin' Else
サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+5
PORTRAIT IN JAZZ
BILL EVANS  
¥ 643(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:21045位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
ジャスミン
ケルン・コンサート
マイ・ソング
We Get Requests
フェイシング・ユー
スタンダーズ Vol.1
Waltz for Debby
Kind of Blue
スタンダーズ Vol.2
COOL STRUTTIN' '99
The Melody At Night, With You
Keith Jarrett  
¥ 1,306(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:3204位  


Amazonレビュー
   慢性疲労症候群という聞き慣れない病気のため、しばらく活動を休止していたキース・ジャレットは1998年録音の本作によって見事に復活した。自宅のスタジオで録音したソロ・ピアノ集。曲は<6>のメドレーの後半に自作を配している以外はすべてスタンダード&トラッド。それまで部分的にソロ・ピアノでスタンダードを演奏することはあっても、本作のようなソロ・ピアノによるスタンダード曲集というのは、キースにとってこれが初めてのことで、その点でも特筆すべき作品。
   アプローチはいたってシンプルで、いかにメロディの美しさを伝えるか、その一点に心血を注いでいるかのような演奏だ。変わったアレンジで驚かせてやろうなんて下心は微塵もなく、誠心誠意、原曲の美しさを際立たせる純真無垢なプレイに徹している。この曲、こんなに美しい曲だったっけと感じ入る瞬間が何度も訪れる。すべてゆっくりしたテンポの演奏。バラード集といっていい内容だが、単なるバラード集ではなく、そこには敬虔(けいけん)なムードに包まれたキースならではの世界がある。(市川正二)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
COOL STRUTTIN' '99
Kind of Blue
Somethin' Else
Waltz for Debby
Blue Train
We Get Requests
Moanin
ジャイアント・ステップス
モーニン+2
BALLADS
SAXOPHONE COLOSSUS
Sonny Rollins Max Roach Doug Watkins Tommy Flanagan  
¥ 807(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:2853位  


Amazonレビュー
Though he lacked the improvisational fire of John Coltrane or the restless curiosity of Miles Davis, Sonny Rollins played with a rich, round tone that complemented his melodic inclinations, making him the most accessible of the postbop musicians. Saxophone Colossus is the most successful of the late 1950s albums that made his reputation. Rollins's playing never falters; he's backed by the redoubtable Max Roach on drums, Tommy Flanagan on piano, and Doug Watkins on bass. Rollins is equally at home with the lilting Caribbean air of "St. Thomas," standards ("You Don't Know What Love Is"), blues ("Strode Rode," featuring a driving Flanagan solo), and a smoldering version of Brecht-Weill's "Moritat" (better known as "Mac the Knife"). If you are new to jazz, there is no better place to start than Saxophone Colossus. --Steven Mirkin くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
I Will Say Goodbye
ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング
PORTRAIT IN JAZZ
Waltz for Debby
Intermodulation
Explorations
Moon Beams
Live!
Sunday at the Village Vanguard: Keepnews Coll
Alone Again
アンダーカレント
ビル・エヴァンス&ジム・ホール (演奏)  
¥ 1,400(税込)
ジャンル内ランキング:197269位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
SAXOPHONE COLOSSUS
Waltz for Debby
Somethin' Else
We Get Requests
Kind of Blue
Moanin
Time Out
Blue Train
helen merrill
Blues-Ette
COOL STRUTTIN' '99
SONNY CLARK  
¥ 586(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:2998位  


Amazonレビュー
   スリット入りのタイト・スカートを履いたキャリア・ウーマンらしき女性がさっそうとマンハッタンを闊歩しているジャケットもカッコいいが、演奏もこれまた最高にカッコいい。ジャズに限らず音楽には、その時代の空気を真空パックして後世に伝えるタイム・カプセル的効用があるが、1958年録音の本作を聴くと、即座にあの時代にタイム・スリップできる。なにしろこのアルバムには、これぞハード・バップ、これぞファンキー・ジャズといった空気が充満しているのだ。
   なにがいいといって、まずソニー・クラークのオリジナルが泣かせる。覚えやすいメロディのタイトル曲で聴く者の心をぐっとつかみ、マイナー・ムードの<2>でダメ押し。この2段攻撃はすこぶる強力で、あっという間にその世界に引き込まれてしまう。アート・ファーマー&ジャッキー・マクリーンをフロントとする2管クインテットは、ハード・バップ時代の王道といえる編成。そして、そのマクリーンの泣きのアルトが情感たっぷりで、これまた素晴らしい。(市川正二)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー
マイ・ソング
ジャスミン
スタンダーズ Vol.1
フェイシング・ユー
スタンダーズ Vol.2
枯葉+1
ソロ・コンサーツ
バッハ:ゴルトベルク変奏曲
リターン・トゥ・フォーエヴァー
ザ・ケルン・コンサート
キース・ジャレット (演奏)  
¥ 2,052(税込)
¥ 5,650(税込)
ジャンル内ランキング:101029位  


Amazonレビュー
   キース・ジャレットは、ソロピアノで独自の世界を築きあげたことでも評価されている。ドイツのレーベル「ECM」からの最初の作品はソロピアノで、スタジオ録音では8曲のオリジナルを演奏した。
   だが、キースの天才ぶりが発揮されたのは、完全なる「即興」ピアノ演奏の本盤だ。観客の目の前で、気持ちの赴くまま弾くソロは長くなるが、それでも起承転結のある構成力の高さには舌を巻く。即興でありながら、難解なところがない。冒頭の<1>は、車のCMに使用されたこともあるほどだ。彼のポップなメロディセンスが最大限に表れ、リアルタイムで最適なハーモニーをつけていく。一定のテンポで1つのフレーズを繰り返す情熱的なパートや、すべての音に集中して奏でるパートの美しさに、言葉を失うばかりだ。
   このアルバムの成功もあって、即興ソロピアノ・アルバムは多数録音される。だが、完成度では本盤が最も高いといえるだろう。(高木宏真)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
クール・ストラッティン
SAXOPHONE COLOSSUS
ブルー・トレイン
モーニン+2
カインド・オブ・ブルー+1
COOL STRUTTIN' '99
ソニーズ・クリブ
処女航海
ヴィレッジ・ヴァンガードの夜
バラード
Somethin Else (Hybr)
Cannonball Adderley  
(税込)
ジャンル内ランキング:209054位  
くちコミ情報を見る
2,540ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。