通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ History & Criticism ]

         

携帯版
   History & Criticism の売れ筋最新ランキング   [2017年02月26日]
2017年02月26日(日) History & Criticismの第1位は 『George Orwell: "Nineteen Eighty Four"』!
22,304ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
Animal Farm
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
Brave New World
Fahrenheit 451 (Flamingo Modern Classics)
To Kill a Mockingbird
Sophie's World: A Novel About the History of Philosophy (FSG Classics)
1984年 (まんがで読破 MD100)
The Great Gatsby (Wisehouse Classics Edition)
動物農場- Animal Farm【講談社英語文庫】
Do Androids Dream of Electric Sheep? (Sf Masterworks 04)
George Orwell: "Nineteen Eighty Four"
Misha Kandhari  
¥ 3,688(税込)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Dalí: Les Diners De Gala (Va)
Classics Reimagined, Alice's Adventures in Wonderland
Through the Looking-Glass and What Alice Found There
Silhouette Theatre - Sleeping Beauty
もっと知りたいサルバドール・ダリ (生涯と作品)
ユリイカ 2015年3月臨時増刊号 総特集◎150年目の『不思議の国のアリス』
Anne of Green Gables (Anne of Green Gables Novels)
The Annotated Alice: The Definitive Edition: Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass
The Wonderful Wizard Of Oz (The Childhood of Famous Americans Series)
MOE(モエ) 2017年2月号 [第9回MOE絵本屋大賞2016 ふろく:ヒグチユウコカレンダー2017]
Alice's Adventures in Wonderland
Lewis Carroll John Tenniel (イラスト)  
¥ 1,648(税込)
¥ 6,187(税込)
ジャンル内ランキング:2642466位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
「赤毛のアン」で英語づけ
Anne of Avonlea (Anne of Green Gables)
赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン (これ一冊でできるわかる)
Anne of Green Gables (Radio Theatre)
赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)
Anne of the Island (Anne of Green Gables)
英語で楽しむ赤毛のアン (CD1枚付き)
The Secret Garden 100th Anniversary
The Piano: Stage 2 700 Headwords (Oxford Bookworms)
赤毛のアン (スクリーンプレイ)
Anne of Green Gables (Norton Critical Editions)
L. M. Montgomery Mary Henley Rubio (編集) Elizabeth Waterston (編集)  
¥ 1,956(税込)
¥ 1,295(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:32524位  


商品説明
   新しい生活に期待で胸をふくらませ、おしゃべりな赤毛の孤児アンが、マシュー・カスバートに連れられてグリーン・ゲイブルズへやってきた。そんなアンにマシューの妹マリラは言う。「わたしたちが頼んだのは男の子なんだよ。女の子など農作業には役に立たないからね」。だが、ほどなくカスバート家の兄妹は、アンのいない生活など考えられなくなってしまう――孤児を引き取ることを決めた本来の理由とは別の理由で。ピクニックに行きたいばかりに、マリラのアメジストのブローチをなくしたことを(実は無関係だったのに)『告白』したり、大嫌いな赤毛をあやまって緑色に染めてしまうアン。マリラはマシューにこんなふうに言う――「確かなことが一つだけあるよ。アンのいない家はきっと退屈にちがいないってことさ」。

   当然、アンが活躍する本が退屈なはずがない。本書は、L・M・モンゴメリー作品のはつらつとしたヒロインを小さな子どもたちにも知ってもらうために、名作『Anne of Green Gables』(邦題『赤毛のアン』)が絵本になったもの。ページ数の限られた絵本であるがゆえに、アンのにぎにぎしくも痛快な冒険をすべて紹介するわけにはいかないが、児童文学においてもっともたくましく、そしてかわいらしい主人公アンのさわやかさをしっかりとららえている。もし、本書で満足できなかったら――そのときは、オリジナル・シリーズに挑戦すればいい! イラストレーターのエレン・ベイアーが、グリーン・ゲイブルズ周辺の美しさと、元気いっぱいのアンを鮮やかなタッチで描いている。(5-8才向け)(Emilie Coulter, Amazon.com) くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
Proclus: Commentary on Plato's Timaeus: Volume 1, Book 1: Proclus on the Socratic State and Atlantis
Proclus: Commentary on Plato's Timaeus: Volume 5, Book 4
Proclus: Commentary on Plato's Timaeus: Volume 2, Book 2: Proclus on the Causes of the Cosmos and its Creation
Proclus David T. Runia (翻訳) Michael Share (翻訳)  
¥ 12,765(税込)
¥ 13,748(税込)
通常1~3か月以内に発送
ジャンル内ランキング:23425位  
くちコミ情報を見る


Walt Whitman and British Socialism: ‘The Love of Comrades’ (Routledge Studies in Nineteenth Century Literature)
Kirsten Harris  
(税込)


内容紹介

This is the first sustained examination of Walt Whitman’s influence on British socialism. Harris combines a contextual historical study of Whitman’s reception with focused close readings of a variety of poems, books, articles, letters and speeches. She calls attention to Whitman’s own demand for the reader to ‘himself or herself construct indeed the poem, argument, history, metaphysical essay’, linking Whitman’s general comments about active reading to specific cases of his fin de siècle British socialist readership. These include the editorial aims behind the Whitman selections published by William Michael Rossetti, Ernest Rhys, and W. T. Stead and the ways that Whitman was interpreted and appropriated in a wide range of grassroots texts produced by individuals or groups who responded to Whitman and his poetry publicly in socialist circles.



Harris makes full use of material from the C. F. Sixsmith and J. W. Wallace and the Bolton Whitman Fellowship collections at John Rylands, the Edward Carpenter collection in the Sheffield Archives, and the Archives of Swan Sonnenschein & Co. at the University of Reading. Much of this archive material – little of which is currently available in digital form – is discussed here in full for the first time. Accordingly, this study will appeal to those with interest in the archival history of nineteenth-century literary culture, as well as the connections to be made between literary and political culture of this era more generally.

くちコミ情報を見る


The Great Gatsby: Library Edition
 
(税込)


商品説明
1922年、F・スコット・フィッツジェラルドは、「何か新しいもの、斬新で美しくて質素なもの、手のこんだ構成のもの」を書くと宣言した。それが、彼の代表作にして最高傑作である、『The Great Gatsby』(邦題『グレート・ギャッツビー』、または『華麗なるギャツビー』)だ。「ジャズ・エイジ」の光と影を描いた本書は、狂欄の1920年代の雰囲気をとらえた小説で、「アメリカの神話」の中で不動の地位を占めている。

   貧しさの中から身を起こし、裕福になったジェイ・ギャッツビーは、フィッツジェラルド、あるいはアメリカそのものにつきまとう、金や野心、貪欲さ、進歩主義信仰などの強迫観念を象徴する。
 「ギャッツビーは、緑の灯火を信じていた。お祭り騒ぎは、年々かげりを見せはじめているというのに、未来は明るいと信じていた。いざ、その時が来て、明るいはずの未来が素通りしていっても、たいした問題ではない。明日になれば今日より速く走ることができるし、大きく手を広げることもできるから…そしてすがすがしい朝が――」
   夢の実現と崩壊を描いたこの小説は、「アメリカンドリーム」に一種の警鐘を鳴らす作品なのだ。

   この小説は、デイジー・ブキャナンに対する、ギャッツビーのかなわぬ思いを描いたラブストーリーでもある。2人の出会いは、物語の始まる5年前。若きデイジーはケンタッキー州ルーイヴィルの伝説の美女、ギャッツビーは貧乏な将校だった。2人は恋に落ちるが、ギャッツビーが海外出征している間に、デイジーは、粗暴だが非常に裕福なトム・ブキャナンと結婚してしまう。

   戦争から帰ってきたギャッツビーは、なりふりかまわず、富とデイジーを追い求めることに没頭する。やがて、当初は目的にすぎなかった富が、デイジーを手に入れるための手段になっていく。
 「彼女の声は金でいっぱいだ」
   これは、ギャッツビーが、この小説の中でも特に有名なシーンで発する賛辞の言葉である。

   金持ちになったギャッツビーは、デイジーの住まう高級住宅地のイースト・エッグと、ロングアイランド水道を挟んで向かい合わせの地所に大豪邸を購入し、ぜいたくなパーティーを開いて、デイジーが現れるのを待つ。そして、彼女が登場すると、物語は、ギリシャ劇につきものの、悲劇的な様相を見せはじめる。かたわらで冷静な目で見ている隣人のニック・キャラウェイは、終始「コロス」を受け持つ。無駄のない文章、 洗練されたストーリー、透き通った文体。『The Great Gatsby』は優れた詩文でもある。 くちコミ情報を見る



Holocaust Literature of the Second Generation
M. Vaul-Grimwood  
¥ 11,022(税込)
¥ 9,408(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:21378位  
くちコミ情報を見る


Animal Farm
George Orwell  
¥ 1,842(税込)
¥ 13,851(税込)
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Ernest Hemingway
Everybody Behaves Badly: The True Story Behind Hemingway’s Masterpiece The Sun Also Rises
Papa Hemingway: A Personal Memoir
The Young Hemingway
Hemingway: The Paris Years
To Have and Have Not
A Moveable Feast: The Restored Edition
Hemingway: The Homecoming
Green Hills of Africa: The Hemingway Library Edition
Hemingway in Love: His Own Story
Hemingway: The Writer As Artist (Princeton Paperbacks)
Carlos Baker  
¥ 6,889(税込)
¥ 6,274(税込)
通常1~3か月以内に発送
ジャンル内ランキング:17484位  
くちコミ情報を見る


The Meditations of Marcus Aurelius: A Study (Oxford Classical Monographs)
R. B. Rutherford  
¥ 7,165(税込)
(税込)
くちコミ情報を見る
22,304ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。