通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ Authors, A-Z ]

         

携帯版
   Authors, A-Z の売れ筋最新ランキング   [2017年02月26日]
2017年02月26日(日) Authors, A-Zの第1位は 『1984 (English Edition)』!
19,442ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
Brave New World (English Edition)
Hillbilly Elegy: A Memoir of a Family and Culture in Crisis
一九八四年 (ハヤカワepi文庫)
The Elements of Style (Pilgrim Classics) (English Edition)
Animal Farm (English Edition)
The Complete Works of William Shakespeare (37 plays, 160 sonnets and 5 Poetry Books With Active Table of Contents)
To Kill a Mockingbird (Harperperennial Modern Classics)
To Kill A Mockingbird: Enhanced Edition
Sophie's World: A Novel About the History of Philosophy (English Edition)
1984年 ─まんがで読破─
1984 (English Edition)
George Orwell  
(税込)


内容紹介
It was a bright, cold day in April and the clocks were striking thirteen. Winston Smith hurried home to Victory Mansions with his head down to escape the terrible wind. A cloud of dust blew inside with him, and the hall smelled of dust and yesterday’s food.
At the end of the hall, a poster covered one wall. It showed an enormous face, more than a metre wide: the face of a handsome man of about forty-five, with a large, black moustache. The man’s eyes seemed to follow Winston as he moved. Below the face were the words BIG BROTHER IS WATCHING YOU.
Winston went up the stairs. He did not even try the lift. It rarely worked and at the moment the electricity was switched off during the day to save money for Hate Week. The flat was on the seventh floor and Winston, who was thirty-nine and had a bad knee, went slowly, resting several times on the way. Winston was a small man and looked even smaller in the blue overalls of the Party. His hair was fair and the skin on his face, which used to be pink, was red and rough from cheap soap, old razor blades and the cold of the winter that had just ended.
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
即戦力がつく英文ライティング
日本人の英語 (岩波新書)
On Writing Well: The Classic Guide to Writing Nonfiction
増補改訂版 はじめての英語論文 引ける・使える パターン表現&文例集
The Elements of Style: Updated and Annotated for Present-day Use
続・日本人の英語 (岩波新書)
実践 日本人の英語 (岩波新書)
理科系の作文技術 (中公新書 (624))
Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM, 4th Edition (Official Guide to the Toefl Ibt)
The Elements of Style Illustrated
William Strunk Jr. E.B. White Maira Kalman (イラスト)  
¥ 3,086(税込)
¥ 2,999(税込)
ジャンル内ランキング:147062位  


商品説明
英語で文を書く人ならだれでも、ストランクとホワイトの共著によるコンパクトな文章参考書の傑作『The Elements of Style』を知っている。17歳から70歳までの多くの人が、この本で繰り返されている教え「すべての単語に語らせよ」を覚えていて、文章を分かりやすくするために、あるいは能動態を使って文章を生き生きさせるためのヒントを求め、中学生の頃から愛用してぼろぼろになった本を開く。数百万部が売られ、愛用されている事実を考えれば、この(ほとんど)完ぺきな古典の魅力は何かを改めて問いただす必要はないかもしれない。この本の内容をまったく新しいやり方で体験することを可能にするイラストが加えられ、カラフルでより分かりやすい学習ができるようになったうえ、文の微妙でユーモラスな調子を補う奇抜な要素も加えられた。『The Elements of Style Illustrated』は、必携の決定版。マイラ・カルマンは児童書12冊を出しているユニークなすぐれたイラストレーターで、ニューヨーカー誌の表紙多数、ファッションデザイナー、アイザック・ミズラヒやケート・スペードのファブリックデザイン、ニューヨーク近代美術館の時計やアクセサリー、リバーデールのエレガントなウェーブヒル・エステートの壁画などのプロジェクトを手がけている。洗練されたウィットに富むと同時に明るく想像力にあふれた作品に、年の若者を中心に熱心なファンが多い。マイラ・カルマンは、E・Bホワイト・エステートから、尊敬されている名著『The Elements of Style』のイラストを全面的にゆだねられた。『The Elements of Style Illustrated』は、愛され、重宝され、今も的確な名著に新鮮な親しみやすさをもたらす。現代の読者も魅了するよう新しいエネルギーを古典に注ぎ込むとともに、カルマンのイラストはそれ自身が永遠の魅力を放ち、今後50年以上にわたって衰えることのない人気を誇る参考書に彩を添える。ウィリアム・ストランクとE・B・ホワイトの文章参考書の古典『The Elements of Style』が、マイラ・カルマンらしい生き生きとしてウィットに富んだイラストで、さらにパワーアップしたイラスト入り版になった。マイラの自己紹介は以下の通り。「生まれる。田舎の子ども時代。文化を詰め込まれた少女時代。ピアノを弾く。やめる。ダンスをする。やめる。書く。書くのを断念。絵を描く。再び書く。ティボール・カルマンと結婚し、因習を打破し、なおかつ成功を収めるデザインスタジオでコラボレーションをする。子どもの本の文と絵を手がける。悩む。ピンポンを始める。リラックスする。多くの雑誌に文とイラストを寄せる。ラバー・バンド・ソサエティーを共同設立する。楽しむ。子ども2人、犬1匹」 くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Dark Space (English Edition)
Aesop's Fables (English Edition)
Mind If I Come In (A Kat Parker Novel Book 1) (English Edition)
The Wonderful Wizard of Oz (Oz Series Book 1) (English Edition)
Twenty Thousand Leagues Under the Sea (Coterie Classics with Free Audiobook)
The Secret Garden (English Edition)
Treasure Island (English Edition)
The Count of Monte Cristo (Centaur Classics) [The 100 greatest novels of all time - #6]
Alice in Wonderland Collection – All Four Books: Alice in Wonderland, Alice Through the Looking Glass, Hunting of the Snark and Alice Underground (Illustrated) (English Edition)
Through the Looking-Glass (English Edition)
Alice's Adventures in Wonderland HTML Edition (English Edition)
Lewis Carroll  
(税込)


内容紹介
This book was converted from its physical edition to the digital format by a community of volunteers. You may find it for free on the web. Purchase of the Kindle edition includes wireless delivery. くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
「赤毛のアン」で英語づけ
Anne of Avonlea (Anne of Green Gables)
赤毛のアンのおしゃべり英語レッスン (これ一冊でできるわかる)
Anne of Green Gables (Radio Theatre)
赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)
Anne of the Island (Anne of Green Gables)
英語で楽しむ赤毛のアン (CD1枚付き)
The Secret Garden 100th Anniversary
The Piano: Stage 2 700 Headwords (Oxford Bookworms)
赤毛のアン (スクリーンプレイ)
Anne of Green Gables (All Aboard Reading)
L. M. Montgomery Jennifer Dussling (イラスト) Lydia Halverson (イラスト)  
¥ 440(税込)
¥ 2,565(税込)
ジャンル内ランキング:2807位  


商品説明
   新しい生活に期待で胸をふくらませ、おしゃべりな赤毛の孤児アンが、マシュー・カスバートに連れられてグリーン・ゲイブルズへやってきた。そんなアンにマシューの妹マリラは言う。「わたしたちが頼んだのは男の子なんだよ。女の子など農作業には役に立たないからね」。だが、ほどなくカスバート家の兄妹は、アンのいない生活など考えられなくなってしまう――孤児を引き取ることを決めた本来の理由とは別の理由で。ピクニックに行きたいばかりに、マリラのアメジストのブローチをなくしたことを(実は無関係だったのに)『告白』したり、大嫌いな赤毛をあやまって緑色に染めてしまうアン。マリラはマシューにこんなふうに言う――「確かなことが一つだけあるよ。アンのいない家はきっと退屈にちがいないってことさ」。

   当然、アンが活躍する本が退屈なはずがない。本書は、L・M・モンゴメリー作品のはつらつとしたヒロインを小さな子どもたちにも知ってもらうために、名作『Anne of Green Gables』(邦題『赤毛のアン』)が絵本になったもの。ページ数の限られた絵本であるがゆえに、アンのにぎにぎしくも痛快な冒険をすべて紹介するわけにはいかないが、児童文学においてもっともたくましく、そしてかわいらしい主人公アンのさわやかさをしっかりとららえている。もし、本書で満足できなかったら――そのときは、オリジナル・シリーズに挑戦すればいい! イラストレーターのエレン・ベイアーが、グリーン・ゲイブルズ周辺の美しさと、元気いっぱいのアンを鮮やかなタッチで描いている。(5-8才向け)(Emilie Coulter, Amazon.com) くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
Le Petit Prince (French)
Charlie and the Chocolate Factory
Charlotte's Web (A Puffin Book)
Holes
星の王子さま―オリジナル版
Matilda
Murder on the Orient Express (Poirot)
Pride and Prejudice (Barnes & Noble Classics)
The Notebook
Harry Potter and the Deathly Hallows
The Little Prince
Antoine de Saint-Exupéry  
¥ 1,102(税込)
¥ 870(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:679位  


商品説明
サンテグジュペリの『The Little Prince(邦題:星の王子様)』の初版は1943年に出版された。彼を乗せたロックヒードP-38が偵察飛行中に地中海上で消息を絶った年の、わずか1年前である。それから半世紀以上を経た今でも、愛と孤独を描いたこの寓話はその精彩を少しも欠くことはない。物語の語り手は、サハラ砂漠に不時着し、壊れた飛行機の修理に躍起のパイロットである。しかしその修理作業はある日、羊を描いてくれないかと頼む小さな王子様によって中断される。「非常に不思議なできごとだったのにもかかわらず、あえて問い返そうとはしなかったのです」とパイロットは語る。「不合理に思えるでしょうが、人の住んでいるところから1000マイルも離れていて、死の危険と隣り合わせだというのに、私はポケットから紙の切れ端とペンを取り出しました」。 2人の会話から物語は始まり、思いがけぬ子供らしい指摘に触発されて、語り手の想像は広がっていく。小さな王子様は、住人が1人しかいない小さな星々を巡る旅を語りはじめる。
物語は驚くほど新機軸に満ちたひとつながりのシークエンスになっていて、偉大なおとぎ話というだけでなく、イタロ・カルバーノの『Invisible Cities』のようなポストモダンのたぐいまれな不朽の名作を彷彿とさせる。また、独特の穏やかであいまいな文体にもかかわらず、軽妙な風刺もちくりちくりときかせてみせる。たとえば、小さな王子様に対して人制で(あるいは一少年制というべき?)裁判を行えと命じる王様のセリフ。

「わしはわしの星のどこかに1匹の老いぼれネズミがいると信じるに足る理由があるのじゃ。わしは夜、奴が泣いとるのを耳にしているからの。お主はその老いぼれネズミに審判を下すのじゃ。ときどき、お主は奴に死刑の宣告をすることになろう。そうすると、奴の命はお主の審判にかかってくることになる。しかし、お主は、経済上の問題で毎回奴を赦免しなくてはならぬ。なにしろ、この星にいるたった1匹のネズミじゃからの」

こんな調子でほかにも、ビジネスマン、地理学者、街灯点灯夫など、「大人」という人間の無益さの隠喩である人物がからかわれている。
彼の物語は、悲しみと孤独をぎりぎりいっぱいまで表現した非常に繊細な物語であり、ピーターパン風の甘ったるい物語のトーンは影すら見えない。…反面、彼のこのような繊細な文体は翻訳者にとってはまさに頭痛の種であり、1943年の翻訳版では、翻訳者のキャサリン・ウッズはときどき袋小路に迷い込んだらしく、やや不器用で説教がましいトーンの訳文に終わっている。幸いにも本書の訳者リチャード・ハワード(彼は1999年にStendhaの『The Charterhouse of Parma』でも素晴らしい仕事をしている)は、ごく簡素でシンプルな訳文によって成果を上げた。結果、この不滅の古典の、新しい改良版が誕生したといえる。さらに、オリジナルのアートワークがフル・カラー版に復元されているのもうれしい。
大人になる途中のある時点で我々は「ウィットがある人でいようとすると、嘘をつくことは多かれ少なかれ避けられない」ことに気づく。しかし、サンテグジュペリの描写はこのアイデアにごく自然に反論する。ウィットがあることとは、新鮮でユーモアがあり、そして真実に対して厳格であるということなのだ。この物語そのもののように。 くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
グレート・ギャツビー (新潮文庫)
The Catcher in the Rye
The Long Good-bye (Phillip Marlowe)
Modern Classics Tender Is the Night (Penguin Modern Classics)
グレート・ギャッツビー (光文社古典新訳文庫)
華麗なるギャツビー [DVD]
The Great Gatsby (Wisehouse Classics Edition)
The Catcher in the Rye
Breakfast at Tiffany's
Modern Classics Great Gatsby (Penguin Modern Classics)
F Scott Fitzgerald Tony Tanner (はしがき)  
¥ 976(税込)
¥ 739(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:3064位  


商品説明
1922年、F・スコット・フィッツジェラルドは、「何か新しいもの、斬新で美しくて質素なもの、手のこんだ構成のもの」を書くと宣言した。それが、彼の代表作にして最高傑作である、『The Great Gatsby』(邦題『グレート・ギャッツビー』、または『華麗なるギャツビー』)だ。「ジャズ・エイジ」の光と影を描いた本書は、狂欄の1920年代の雰囲気をとらえた小説で、「アメリカの神話」の中で不動の地位を占めている。

   貧しさの中から身を起こし、裕福になったジェイ・ギャッツビーは、フィッツジェラルド、あるいはアメリカそのものにつきまとう、金や野心、貪欲さ、進歩主義信仰などの強迫観念を象徴する。
 「ギャッツビーは、緑の灯火を信じていた。お祭り騒ぎは、年々かげりを見せはじめているというのに、未来は明るいと信じていた。いざ、その時が来て、明るいはずの未来が素通りしていっても、たいした問題ではない。明日になれば今日より速く走ることができるし、大きく手を広げることもできるから…そしてすがすがしい朝が――」
   夢の実現と崩壊を描いたこの小説は、「アメリカンドリーム」に一種の警鐘を鳴らす作品なのだ。

   この小説は、デイジー・ブキャナンに対する、ギャッツビーのかなわぬ思いを描いたラブストーリーでもある。2人の出会いは、物語の始まる5年前。若きデイジーはケンタッキー州ルーイヴィルの伝説の美女、ギャッツビーは貧乏な将校だった。2人は恋に落ちるが、ギャッツビーが海外出征している間に、デイジーは、粗暴だが非常に裕福なトム・ブキャナンと結婚してしまう。

   戦争から帰ってきたギャッツビーは、なりふりかまわず、富とデイジーを追い求めることに没頭する。やがて、当初は目的にすぎなかった富が、デイジーを手に入れるための手段になっていく。
 「彼女の声は金でいっぱいだ」
   これは、ギャッツビーが、この小説の中でも特に有名なシーンで発する賛辞の言葉である。

   金持ちになったギャッツビーは、デイジーの住まう高級住宅地のイースト・エッグと、ロングアイランド水道を挟んで向かい合わせの地所に大豪邸を購入し、ぜいたくなパーティーを開いて、デイジーが現れるのを待つ。そして、彼女が登場すると、物語は、ギリシャ劇につきものの、悲劇的な様相を見せはじめる。かたわらで冷静な目で見ている隣人のニック・キャラウェイは、終始「コロス」を受け持つ。無駄のない文章、 洗練されたストーリー、透き通った文体。『The Great Gatsby』は優れた詩文でもある。 くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
Matilda
The Witches
Charlie and the Great Glass Elevator
Holes
The BFG
James and the Giant Peach
Encyclopedia Brown, Boy Detective
George's Marvelous Medicine
Fantastic Mr. Fox
Alice's Adventures in Wonderland (Dover Thrift Editions)
Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Modern Classics)
Roald Dahl  
¥ 991(税込)
¥ 632(税込)
ジャンル内ランキング:2357位  


商品説明
   ウィリー・ワンカはチョコレート工場経営者、いつも人目をさけている変わり者だ。その彼が、どういうわけか秘密の工場を見学させてくれることになった。この10年間で初めてのことだ。ただし、招待客はたったの5人だけ。ワンカ社特製チョコバーの包装紙の中に、金色の招待券を見つけた幸運な者だけが工場見学に参加できる。しかも、案内するのはワンカ自身だというのだ。

   チャーリー・バケット少年は、この夢のような招待券を偶然手に入れた。道で1ドル紙幣を拾った彼は、どうしてもがまんできずに、あこがれのワンカのチョコバーを2本買ってしまう。そのお金があれば、貧しい家族に食べ物を買えることはわかっていたのに…。しかし2本目の包みを開けたとき、下の方でかすかに光るものを見つけたのだ!

   その翌日、チャーリーはいよいよ工場の門をくぐる。一緒に行くのは、テレビっ子のマイク・テービー、お金持ちのお嬢様ベルーカ・ソルト、ガムが大好きなバイオレット・ボールガード、それに食いしん坊のオーガスタス・グループ。4人ともどこか頼りない。はたしてチョコレート工場の秘密とは何か、なぞめいた経営者ワンカとは何者なのか、その答えが5人の目の前でしだいに明らかになる。秘密のチョコレート工場はうわさ以上の、驚くべき場所だった。そしてそこでチャーリーを待ちうけていたのは、もう二度ともとの生活には戻れない運命だった。

 『Charlie and the Chocolate Factory』(邦題『チョコレート工場の秘密』)は、あのロアルド・ダールによる奇想天外な作品。子どもたちが喜び、わくわくし、すっかりひきこまれること間違いなしの傑作だ。 くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
The Witches
Charlie and the Chocolate Factory
The BFG
George's Marvelous Medicine
James and the Giant Peach
Fantastic Mr. Fox
Charlie and the Great Glass Elevator
The Magic Finger (Dahl Fiction)
マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)
The Twits
Matilda (Puffin Modern Classics)
Roald Dahl Quentin Blake (イラスト)  
¥ 881(税込)
¥ 663(税込)
ジャンル内ランキング:19149位  


商品説明
   マチルダは世にも不思議な天才少女。5歳半だというのに2ケタのかけ算は朝飯前、あのディケンズの小説も一気に読破してしまった。もっとすごいのは「超かしこい」ため先生に特別扱いされているにもかかわらず、同級生とも仲がいいことだ。

   でもそんなマチルダにも嫌なことはあった。まず第一にテレビばかり見ていて子どもはほったらかしの両親。次にマッチョで凶暴な女校長ザ・トランチブルだ。この校長は元ハンマー投げのチャンピオン。気に入らない生徒は次々と投げ飛ばす人間ブルドーザーみたいな怪物なのだ。でも幸いマチルダには彼ら大人に立ち向かえる天賦の才能があった。驚くべき知性と聖人のような忍耐力、そして根っからの仕返し好きな性格である。

   まず両親がつらくあたったら罰するという日々のゲームでウォームアップ。だが仕返しの本番は、大好きな担任のハニー先生をいじめる悪魔のようなトランチブルが相手だ。天才少女マチルダの勝利は目に見えている。それでもなお、このおはなしには次に何が起きるかまったくわからない魅力がある。マチルダが自分の「じつに奇妙な、えもいわれぬ感覚」に気づいたときに起きるどんでん返しとは…?

   ロアルド・ダールは創意に富んだ筋運びで最後まで読者を飽きさせないが、その一方で子どもの無垢な気持ちに耳を傾けることも忘れていない。マチルダがみんなから好かれる本当の理由、それは数々の才能もさることながら、彼女が本当に思いやりのある少女だからなのだ。 くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
Nineteen Eighty Four
Fahrenheit 451 (Flamingo Modern Classics)
Lord of the Flies (Faber Educational Edition)
To Kill a Mockingbird
The Giver
動物農場―おとぎばなし (岩波文庫)
動物農場 (角川文庫)
Of Mice and Men
Lord of the Flies
Nineteen Eighty-Four: The Annotated Edition (Penguin Modern Classics)
Animal Farm
George Orwell  
¥ 976(税込)
¥ 776(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:157位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
JANE EYRE (Illustrated, complete, and unabridged) (English Edition)
Gone With the Wind (English Edition)
The Old Man and the Sea (English Edition)
高慢と偏見(上) (光文社古典新訳文庫)
Anne: The Green Gables Complete Collection (All 10 Anne Books, including Anne of Green Gables, Anne of Avonlea, and 8 More Books) (English Edition)
The Little Prince: Unabridged with Large Illustrations - 70th Anniversary Edition (Antoine de Saint-Exupéry et Le Petit Prince) (English Edition)
高慢と偏見(上) (ちくま文庫)
F. SCOTT FITZGERALD PREMIUM 9 BOOK COLLECTION (5 NOVELS & 40+ SHORT STORIES) The Great Gatsby,This Side of Paradise—The Beautiful and the Damned—Tender ... Wisdom Collection 2525) (English Edition)
The Moon and Sixpence [Illustrated edition] (English Edition)
The Sun Also Rises (English Edition)
Pride and Prejudice (English Edition)
Jane Austen  
(税込)


内容紹介
In this historic romance, young Elizabeth Bennet strives for love, independence and honesty in the vapid high society of 19th century England. くちコミ情報を見る
19,442ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。