通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ Americas ]

         

携帯版
   Americas の売れ筋最新ランキング   [2017年02月26日]
2017年02月26日(日) Americasの第1位は 『Freedom Betrayed: Herbert Hoover's Secret History of the Second World War and Its Aftermath (Hoover Institution Press Publication)』!
31,067ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
日米戦争を起こしたのは誰か ルーズベルトの罪状・フーバー大統領回顧録を論ず
ルーズベルトの開戦責任: 大統領が最も恐れた男の証言
ルーズベルトの責任 〔日米戦争はなぜ始まったか〕 (下)
ルーズベルトの責任 〔日米戦争はなぜ始まったか〕 (上)
アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史
戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実 (文春新書)
ユダヤ人 なぜ、摩擦が生まれるのか
アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄 (祥伝社新書)
コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く
通州事件 目撃者の証言 (自由社ブックレット5)
Freedom Betrayed: Herbert Hoover's Secret History of the Second World War and Its Aftermath (Hoover Institution Press Publication)
George H. Nash  
¥ 5,506(税込)
¥ 5,996(税込)
通常1~3か月以内に発送
ジャンル内ランキング:5776位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
The Sellout
The Undoing Project: A Friendship that Changed the World
Days Without End (English Edition)
Commonwealth
The Riviera Set (English Edition)
The Underground Railroad (English Edition)
The Sympathizer (English Edition)
Dark Money: how a secretive group of billionaires is trying to buy political control in the US
Light and Shadow: Memoirs of a Spy's Son (English Edition)
Before the Fall (English Edition)
Hillbilly Elegy: A Memoir of a Family and Culture in Crisis
J. D. Vance  
(税込)


内容紹介

‘THE POLITICAL BOOK OF THE YEAR’ Sunday Times

‘You will not read a more important book about America this year’ Economist

‘A memoir of life in the Trump-voting white working class is the political book of the year’ Sunday Times

‘Hillbilly Elegy’ is a passionate and personal analysis of a culture in crisis—that of white working-class Americans. The decline of this group, a demographic of our country that has been slowly disintegrating over forty years, has been reported on with growing frequency and alarm, but has never before been written about as searingly from the inside. J. D. Vance tells the true story of what a social, regional, and class decline feels like when you were born with it hung around your neck.

The Vance family story begins hopefully in post-war America. J. D.’s grandparents were “dirt poor and in love,” and moved north from Kentucky’s Appalachia region to Ohio in the hopes of escaping the dreadful poverty around them. They raised a middle-class family, and eventually their grandchild (the author) would graduate from Yale Law School, a conventional marker of their success in achieving generational upward mobility.

But as the family saga of Hillbilly Elegy plays out, we learn that this is only the short, superficial version. Vance’s grandparents, aunt, uncle, sister, and, most of all, his mother, struggled profoundly with the demands of their new middle-class life, and were never able to fully escape the legacy of abuse, alcoholism, poverty, and trauma so characteristic of their part of America. Vance piercingly shows how he himself still carries around the demons of their chaotic family history.

A deeply moving memoir with its share of humour and vividly colourful figures, ‘Hillbilly Elegy’ is the story of how upward mobility really feels. And it is an urgent and troubling meditation on the loss of the American dream for a large segment of this country.

くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
William Eggleston's Guide
Diane Arbus: An Aperture Monograph
Vivian Maier: Street Photographer
Walker Evans: American Photographs
Early Color
Stephen Shore: Uncommon Places: The Complete Works
The Decisive Moment
SWITCH Vol.35 No.1 荒木経惟 ラストバイライカ
Saul Leiter (Photofile)
赤城写真機診療所 (玄光社MOOK)
Robert Frank: The Americans
Robert Frank Jack Kerouac  
¥ 3,425(税込)
¥ 10,700(税込)
ジャンル内ランキング:128923位  


商品説明
   写真家のロバート・フランクは、カメラ機材と真新しいフィルムを携え、グッゲンハイム財団の奨学金を受けて1955年から56年にかけてアメリカ中を駆け巡った。この撮影紀行から持ち帰った写真の数々は、当時のアメリカを忠実に描写し、その後辿ることになる道を暗示している。ネバダ州リーノでは、市庁舎でカップルに出会って将来に希望を抱き、薄汚れた屋根を見下ろして現在に失望する。混沌とした人種間の緊張状態の中にも魅惑的な美しさを見出し、そして恐らく旅路にあったことが理由であろう、アメリカ人の車への愛着には特に共感を示している。そのことは、葬式に参列する人たちが光り輝くセダンにもたれかかっている写真、停めた車の前に敷いたビーチブランケットの上で恋人たちがキスを交わしている写真、あるいはドライブインシアターで少年たちが後部座席に腰掛けている写真などに現れている。また、シートを掛けられたスポーツカーが、カリフォルニアの2本のパームツリーに囲まれている写真や、アリゾナで起こった交通事故で、犠牲者に毛布が掛けられている写真にも見て取れる。

   ロバート・フランクの『The Americans』は、Scalo社による美しい初版が出版されてから40年の歳月を経て再出版された。80枚以上の写真は1ページに1枚ずつ配され、キャプションに関する情報は巻末に記載されており、写真集を見る人がイメージを自由に膨らませることができるようになっている。作家のジャック・ケルアックが書き下ろした序文は、ある夜に行われたパーティ会場の外の歩道で、そこに腰を下ろしてフランクが自分の作品を見せながら本人に依頼したもの。ケルアックの言葉はフランクのイメージに広がりを与え、反対にフランクの写真そのものがこの作家の言葉に見事にイメージを与えている。
くちコミ情報を見る


Doctor Franklin's Medicine
Stanley Finger  
¥ 6,062(税込)
¥ 6,467(税込)
通常1~3か月以内に発送
ジャンル内ランキング:1784627位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
普及版 モリー先生との火曜日
Tuesdays with Morrie
Mitch Albom  
¥ 2,876(税込)
(税込)
ジャンル内ランキング:720841位  


商品説明
   それは祖父母かもしれないし、教師かもしれないし、同僚かもしれない。だれか歳上の、忍耐強くて思慮深い人。何かを探し求めている若いあなたを理解し、世界がより深遠な場所であることを示してくれる人。自分の人生を生き抜く力となるような信頼できるアドバイスを与えてくれる人。ミッチ・アルボムにとって、その人とは、20年近く昔に大学で教わったモリー・シュワルツ教授だった。

   あなたもミッチと同じように、人生が過ぎるなかで良き師を見失い、その見識も色あせ、世界を冷たく感じるようになっているかもしれない。その人にもう一度会って、若かったころにそうしたように、いまだ絶えず付きまとっている大きな質問をぶつけ、今の忙しい人生に対する知恵を授けてほしいと思わないだろうか?

   ミッチ・アルボムは、そんな2度目のチャンスを得た。人生の最後の数か月を過ごしているモリー先生に再会したのだ。死が近づいていることを知りながら、モリー先生は毎週火曜日に自分の書斎でミッチと話をする。大学にいたころと同じように。再び親交を温めたふたりの対話は、やがて先生の生涯最後の「授業」へ――いかに生きるかという授業へと変わってゆく。

 『Tuesdays with Morrie』(邦題『モリー先生との火曜日』)は、ふたりがともに過ごした魔法のような時間を記録したもの。本書をつうじて、ミッチはモリー先生の永遠の贈り物を世界と分かち合っている。 くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
Too Hot to Handle: A Global History of Sex Education
Preschool in Three Cultures Revisited: China, Japan, and the United States
Trans: Gender and Race in an Age of Unsettled Identities
Ethnicity, Inc. (Chicago Studies in Practices of Meaning)
A Gentle Introduction to Stata, Fifth Edition
Learning to Listen, Learning to Teach: The Power of Dialogue in Educating Adults
Multiple Regression (Undergraduate Research Methods & Statistics in the Social Sciences)
Participatory Workshops: A Sourcebook of 21 Sets of Ideas and Activities
Beyond Adversary Democracy
Deliberative Democracy and Beyond: Liberals, Critics, Contestations (Oxford Political Theory)
The Claims of Culture: Equality and Diversity in the Global Era
Seyla Benhabib  
¥ 4,960(税込)
¥ 5,266(税込)
通常1~3か月以内に発送
ジャンル内ランキング:15560位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
All Over Creation: A Novel
The Road to Wellville (Contemporary American Fiction)
A Taste of Power: Food and American Identities (California Studies in Food and Culture)
The Ethnic Restaurateur
No Foreign Food: The American Diet In Time And Place (Geographies of the Imagination)
Richard Pillsbury  
¥ 4,850(税込)
¥ 4,368(税込)
在庫あり。
ジャンル内ランキング:15494位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Emotional First Aid: Healing Rejection, Guilt, Failure, and Other Everyday Hurts
中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 (新潮選書)
The True American: Murder and Mercy in Texas
Anand Giridharadas  
¥ 1,758(税込)
¥ 1,664(税込)
通常1~3か月以内に発送
ジャンル内ランキング:2551位  
くちコミ情報を見る


Someone Out There Is Listening: The Life of Eddie Hazell, Jazz Guitar-Vocalist
Ed Petkus  
(税込)


内容紹介
Someone Out There is Listening tells the story of Eddie Hazell, a jazz guitar player and vocalist with a unique style unmatched in the last half century. Hazell had a combination of good looks, skills, and style. He was a '50s guy - heady, hopeful, and a believer in the system even though it didn't always work for him. As a rising star, Hazell had great bookings across the country and Canada. He was compared to some of the top stars in the music business, columnists and critics gave him solid reviews and high praise for his performances, and disc jockeys played his recordings and were eager for more. People who knew him had no doubt that he would make the big time - it was only a matter of when. Eddie Hazell's story is about the times and the vicissitudes of the music business, and what it took to accomplish one's goals. Eddie strove not only for success, but to persevere during bad times and personal hardships, while still maintaining artistic integrity and enjoyment of life. Eddie Hazell went the full mile; he didn't leave anything out. The celebrated music producer George Martin once said: 'The music business is littered with shooting stars that burned out. So pace yourselves; it's not a sprint. It is more like a marathon. Remember you have to keep running.' Eddie Hazell's life is a musical marathon - reading about it is like running with him and the many other runners in his field. くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
合衆国再生―大いなる希望を抱いて
The Audacity of Hope: Thoughts on Reclaiming the American Dream
The Audacity of Hope: Thoughts on Reclaiming the American Dream
翻訳事典2018年度版 (アルク地球人ムック)
Of Thee I Sing: A Letter to My Daughters
きみたちにおくるうた―むすめたちへの手紙―
Living History
Penguin Readers: Level 2 BARACK OBAMA (Penguin Readers, Level 2)
(オバマ広島演説CD1枚つき) The Japan Times News Digest 2016.6 臨時増刊号― 核なき世界へ 米大統領演説集
CD2枚付[完全保存版]オバマ大統領演説
Dreams from My Father: A Story of Race and Inheritance
Barack Obama  
¥ 2,059(税込)
¥ 9,950(税込)
ジャンル内ランキング:1188507位  


商品説明
叙情的でありながら、感情的ではない、感動的なこの回想録で、アフリカ系黒人の父と白人のアメリカ人を母にもつ著者は、黒人のアメリカ人としての人生に実行可能な意味を探す。ストーリーはニューヨークで始まる。父親――実在するというより伝説の男としてなじみのあった人物――が交通事故で亡くなってしまう。父親の急死が、感情的な長期放浪の旅のきっかけとなる。カンザス州の小さな町から始まり、母側の家族が移民してきた道をさかのぼってハワイへ、そこからケニヤに渡り、アフリカの親戚に会って父親の人生のつらい真実を学ぶ。そこでようやく、自分のなかの混ざりあった血を甘んじて受け入れることができる。 くちコミ情報を見る
31,067ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。