通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ Americas ]

         

携帯版
   Americas の売れ筋最新ランキング   [2017年06月26日]
2017年06月26日(月) Americasの第1位は 『Hillbilly Elegy: A Memoir of a Family and Culture in Crisis』!
31,830ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
Lincoln in the Bardo
A Gentleman in Moscow
The Sympathizer (English Edition)
The Museum of Modern Love
Miss Pettigrew Lives for a Day (English Edition)
The Underground Railroad: Winner of the Pulitzer Prize for Fiction 2017 (English Edition)
The Group (Virago Modern Classics Book 376) (English Edition)
The Sellout
Born A Crime: Stories from a South African Childhood (English Edition)
Since We Fell (English Edition)
Hillbilly Elegy: A Memoir of a Family and Culture in Crisis
J. D. Vance  
(税込)


内容紹介

WATERSTONES NON-FICTION BOOK OF THE MONTH

A SUNDAY TIMES BESTSELLER

A Time Magazine Top 10 Nonfiction Book of 2016

SOON TO BE A MAJOR MOTION PICTURE

‘The political book of the year’ Sunday Times

‘You will not read a more important book about America this year’ Economist

Hillbilly Elegy is a passionate and personal analysis of a culture in crisis—that of white working-class Americans. The decline of this group, a demographic of our country that has been slowly disintegrating over forty years, has been reported on with growing frequency and alarm, but has never before been written about as searingly from the inside. J. D. Vance tells the true story of what a social, regional, and class decline feels like when you were born with it hung around your neck.

The Vance family story begins hopefully in post-war America. J. D.’s grandparents were “dirt poor and in love,” and moved north from Kentucky’s Appalachia region to Ohio in the hopes of escaping the dreadful poverty around them. They raised a middle-class family, and eventually their grandchild (the author) would graduate from Yale Law School, a conventional marker of their success in achieving generational upward mobility.

But as the family saga of Hillbilly Elegy plays out, we learn that this is only the short, superficial version. Vance’s grandparents, aunt, uncle, sister, and, most of all, his mother, struggled profoundly with the demands of their new middle-class life, and were never able to fully escape the legacy of abuse, alcoholism, poverty, and trauma so characteristic of their part of America. Vance piercingly shows how he himself still carries around the demons of their chaotic family history.

A deeply moving memoir with its share of humour and vividly colourful figures, Hillbilly Elegy is the story of how upward mobility really feels. And it is an urgent and troubling meditation on the loss of the American dream for a large segment of this country.

くちコミ情報を見る


From Philanthropy to Activism: The Political Transformation of American Zionism in the Holocaust Years 1933-1945
David H. Shpiro  
¥ 7,775(税込)
(税込)
ジャンル内ランキング:19100位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
普及版 モリー先生との火曜日
Gone Girl: A Novel
Tuesdays with Morrie
Mitch Albom  
¥ 3,215(税込)
(税込)
ジャンル内ランキング:824463位  


商品説明
   それは祖父母かもしれないし、教師かもしれないし、同僚かもしれない。だれか歳上の、忍耐強くて思慮深い人。何かを探し求めている若いあなたを理解し、世界がより深遠な場所であることを示してくれる人。自分の人生を生き抜く力となるような信頼できるアドバイスを与えてくれる人。ミッチ・アルボムにとって、その人とは、20年近く昔に大学で教わったモリー・シュワルツ教授だった。

   あなたもミッチと同じように、人生が過ぎるなかで良き師を見失い、その見識も色あせ、世界を冷たく感じるようになっているかもしれない。その人にもう一度会って、若かったころにそうしたように、いまだ絶えず付きまとっている大きな質問をぶつけ、今の忙しい人生に対する知恵を授けてほしいと思わないだろうか?

   ミッチ・アルボムは、そんな2度目のチャンスを得た。人生の最後の数か月を過ごしているモリー先生に再会したのだ。死が近づいていることを知りながら、モリー先生は毎週火曜日に自分の書斎でミッチと話をする。大学にいたころと同じように。再び親交を温めたふたりの対話は、やがて先生の生涯最後の「授業」へ――いかに生きるかという授業へと変わってゆく。

 『Tuesdays with Morrie』(邦題『モリー先生との火曜日』)は、ふたりがともに過ごした魔法のような時間を記録したもの。本書をつうじて、ミッチはモリー先生の永遠の贈り物を世界と分かち合っている。 くちコミ情報を見る




関連のオススメ商品
American Jesuits and the World: How an Embattled Religious Order Made Modern Catholicism Global
Church of Spies: The Pope’s Secret War Against Hitler
Catholic History for Today's Church: How Our Past Illuminates Our Present
Intestine Enemies: Catholics in Protestant America 1605-1791: A Documentary History
Robert Emmett Curran (編集)  
¥ 4,184(税込)
¥ 3,895(税込)
通常1~3か月以内に発送
ジャンル内ランキング:19721位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
William Eggleston's Guide
Diane Arbus: An Aperture Monograph
Early Color
Vivian Maier: Street Photographer
Walker Evans: American Photographs
The Decisive Moment
Stephen Shore: Uncommon Places: The Complete Works
All about Saul Leiter ソール・ライターのすべて
写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと [DVD]
良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば (SPACE SHOWER BOOks)
Robert Frank: The Americans
Robert Frank Jack Kerouac  
¥ 3,828(税込)
¥ 10,700(税込)
ジャンル内ランキング:43594位  


商品説明
   写真家のロバート・フランクは、カメラ機材と真新しいフィルムを携え、グッゲンハイム財団の奨学金を受けて1955年から56年にかけてアメリカ中を駆け巡った。この撮影紀行から持ち帰った写真の数々は、当時のアメリカを忠実に描写し、その後辿ることになる道を暗示している。ネバダ州リーノでは、市庁舎でカップルに出会って将来に希望を抱き、薄汚れた屋根を見下ろして現在に失望する。混沌とした人種間の緊張状態の中にも魅惑的な美しさを見出し、そして恐らく旅路にあったことが理由であろう、アメリカ人の車への愛着には特に共感を示している。そのことは、葬式に参列する人たちが光り輝くセダンにもたれかかっている写真、停めた車の前に敷いたビーチブランケットの上で恋人たちがキスを交わしている写真、あるいはドライブインシアターで少年たちが後部座席に腰掛けている写真などに現れている。また、シートを掛けられたスポーツカーが、カリフォルニアの2本のパームツリーに囲まれている写真や、アリゾナで起こった交通事故で、犠牲者に毛布が掛けられている写真にも見て取れる。

   ロバート・フランクの『The Americans』は、Scalo社による美しい初版が出版されてから40年の歳月を経て再出版された。80枚以上の写真は1ページに1枚ずつ配され、キャプションに関する情報は巻末に記載されており、写真集を見る人がイメージを自由に膨らませることができるようになっている。作家のジャック・ケルアックが書き下ろした序文は、ある夜に行われたパーティ会場の外の歩道で、そこに腰を下ろしてフランクが自分の作品を見せながら本人に依頼したもの。ケルアックの言葉はフランクのイメージに広がりを与え、反対にフランクの写真そのものがこの作家の言葉に見事にイメージを与えている。
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Herbert Hoover: A Life
Truman
FDR
White Trash: The 400-Year Untold History of Class in America
The Crusade Years 1933-1955: Herber Hoover's Lost Memoir of the New Deal Era and Its Aftermath (Hoover Institution Press Publication (Hardcover))
Grover Cleveland: The American Presidents
The Memoirs of Herbert Hoover - The Great Depression, 1929-1941
The William Howard Taft Presidency (American Presidency Series)
Redeemer: The Life of Jimmy Carter
The Life of Herbert Hoover: Fighting Quaker, 1928–1933
G. Jeansonne  
¥ 4,429(税込)
¥ 3,797(税込)
通常8日以内に発送
ジャンル内ランキング:19457位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Patricians and Emperors: The Last Rulers of the Western Roman Empire
The Age of Conquest: Wales, 1063-1415 (History of Wales)
R. R. Davies R.R. Davies  
¥ 3,112(税込)
¥ 4,183(税込)
ジャンル内ランキング:1483251位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Edge of Empire: Atlantic Networks and Revolution in Bourbon Rio De La Plata
The First Letter from New Spain: The Lost Petition of Cortés and His Company, June 20 1519 (Joe R. and Teresa Lozano Long Series in Latin American and Latino Art and Culture)
The Temptations of Trade: Britain, Spain, and the Struggle for Empire (The Early Modern Americas)
Transatlantic Obligations: Creating the Bonds of Family in Conquest-Era Peru and Spain
Invading Guatemala: Spanish, Nahua, and Maya Accounts of the Conquest Wars (Latin American Originals)
Centering Animals in Latin American History
A Plague of Sheep: Environmental Consequences of the Conquest of Mexico (Studies in Environment and History)
From Shipmates to Soldiers: Emerging Black Identities in the Río De La Plata (Dialogos)
World Without End: Spain, Philip II, and the First Global Empire
Spain: The Center of the World 1519-1682
The Improbable Conquest: Sixteenth-Century Letters from the Rio de la Plata (Latin American Originals)
Pablo Garcia Loaeza (編集) Victoria L. Garrett (編集)  
¥ 3,825(税込)
¥ 2,842(税込)
通常8日以内に発送
ジャンル内ランキング:19586位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
Moral Minorities and the Making of American Democracy
Jews, Turks, and Infidels
Morton Borden  
¥ 2,693(税込)
¥ 6,543(税込)
ジャンル内ランキング:2305030位  
くちコミ情報を見る



関連のオススメ商品
They Called Themselves the K.K.K.: The Birth of an American Terrorist Group
Gospel According to the Klan: The KKK's Appeal to Protestant America, 1915-1930 (CultureAmerica)
Everyday Klansfolk: White Protestant Life and the KKK in 1920s Michigan
Craig Fox  
(税込)


内容紹介

In 1920s Middle America, the Ku Klux Klan gained popularity not by appealing to the fanatical fringes of society, but by attracting the interest of “average” citizens. During this period, the Klan recruited members through the same unexceptional channels as any other organization or club, becoming for many a respectable public presence, a vehicle for civic activism, or the source of varied social interaction. Its diverse membership included men and women of all ages, occupations, and socio-economic standings. Although surviving membership records of this clandestine organization have proved incredibly rare, Everyday Klansfolk uses newly available documents to reconstruct the life and social context of a single grassroots unit in Newaygo County, Michigan. A fascinating glimpse behind the mask of America’s most notorious secret order, this absorbing study sheds light on KKK activity and membership in Newaygo County, and in Michigan at large, during the brief and remarkable peak years of its mass popular appeal.


くちコミ情報を見る
31,830ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。