通販ナビは毎日新鮮!最新売れ筋ランキングです

[ General ]

         

携帯版
   General の売れ筋最新ランキング   [2017年07月24日]
2017年07月24日(月) Generalの第1位は 『Harry Potter & Philosopher+Bag』!
9,281ページ中 1ページ目を表示しています (110件) あとで携帯で見る



関連のオススメ商品
Harry Potter and the Chamber of Secrets (Harry Potter (J.K. Rowling))
Harry Potter and the Order of the Phoenix (Book 5, Audio Cassette)
Harry Potter and the Half-Blood Prince
Harry Potter and the Deathly Hallows
【並行輸入品】Jensen SCR68B Stereo Cassette Player with AM/FM Radio
The Hobbit
Harry Potter and the Deathly Hallows
Harry Potter & Philosopher+Bag
 
¥ 3,201(税込)
¥ 70,822(税込)
ジャンル内ランキング:2500561位  


商品説明
   10歳になるまで、あなたのことが大嫌いな家族の住む階段の下で暮らしてきたとしてみよう。それが、どんな運命のいたずらか、気がつけば魔法使いやかごに入った真っ白なフクロウ、不死鳥の羽根で作った魔法の杖、イチゴ味からカレー味、草味にイワシ味までありとあらゆる味のあるジェリービーンズに囲まれていて、しかも、自分も魔法使いであることがわかったら、あなたはどうする? だが、これこそが、J・K・ローリングの実に愉快なデビュー作『Harry Potter and the Philosopher's Stone』(邦題『ハリー・ポッターと賢者の石』)の主人公のハリー・ポッター少年に起こったできごと。魔法を使えない人間の国(「マグル」の世界)では、まったく取るに足りない存在だったハリー。邪悪なヴォルデモートによって両親が殺されたために、おじさんとおばさんにやむなく引き取られ、ゴミのように扱われていたのだ。けれども、魔法使いの世界では、小さくてやせっぽちのハリーはちょっとした有名人。ヴォルデモートに殺されそうになりながらも、たったひとり生き残った子どもだから。ハリーに残されたのは、稲妻型の額のきずと研ぎ澄まされた感覚、そしておばさんやおじさん、甘やかされたブタのようなダドリーとはまったく違う存在であることを思わせる不思議な力だった。

   マグルの意地悪に悩まされたハリーの憂鬱な日々は、優しい大男のハグリッドが運んできた不思議な手紙によって一変する。「貴殿のホグワーツ魔法学校への入学が許可されたことを、ここにお知らせいたします」もちろんバーノンおじさんが黙っているはずはない。「おまえに魔法などというインチキを教える頭のおかしな奴らにカネなど払えん!」それでも、無事フクロウのヘドウィグと一緒にホグワーツへ向かうことになったハリー……いよいよ本当の――ユーモラスで、恐ろしくて、スリルたっぷりの――冒険が始まる。

   読み出したら止まらない何とも魅力的な1冊。これからもずっと古典として読みつがれることは間違いない。続編を待ち望む子どもたちの声が聞こえてくるようだ。(8-13歳向け) くちコミ情報を見る



Holes
Louis Sachar Kerry Beyer (監修)  
¥ 3,061(税込)
(税込)
ジャンル内ランキング:2562240位  
くちコミ情報を見る


Pride and Prejudice
Jane Austen Juliet Stevenson (ナレーション)  
¥ 1,874(税込)
¥ 16,494(税込)
ジャンル内ランキング:2853192位  


商品説明
多くの人が、エリザベス・ベネットの機知と独立心に魅了されるだろう。当初のエリザベスのミスター・ダーシーへの嫌悪は、彼の尊大なプライドに勝るとも劣らない、彼女の偏見によるものだった。幸福と、幸福を手に入れる道のりというテーマを深く掘り下げて描いたコメディーで、2人の第一印象は変化し、本当の気持ちを抑えられなくなっていく。 くちコミ情報を見る


How To Win Friends And Influence People
Dale Carnegie Andrew Macmillan (監修)  
¥ 4,670(税込)
¥ 3,032(税込)
ジャンル内ランキング:1634485位  


商品説明
   あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com) くちコミ情報を見る


Frog and Toad Are Friends (An I Can Read Book)
Arnold Lobel  
¥ 1,101(税込)
¥ 4,148(税込)
ジャンル内ランキング:561512位  


商品説明
   フロッグとトードは、同じ意見だった。今日は泳ぐにもってこいの日だ。トードが頼んだので、やさしいフロッグはトードの水着姿を見ないようにした。ところが泳ぎ終えてみると、みんながトードのおかしな水着を見に集まってきて、2人とも追い払うことができなくなってしまう。

   このかわいらしいペアは、なくしたボタンを探したり、春にあいさつをしたり、郵便を待ったり、5つのすてきな物語をぴょんぴょん飛び回る。2人が互いを心から思いやる気持ちはすばらしく、トードとフロッグは両生類の姿をしたすばらしいお手本だ。子どもたちはフロッグと一緒にトードが愚かしい努力をするのを見て、くすくす笑うだろう。そして長い冬眠からついに目覚めるトードに、きっと拍手を送ることだろう。5番目の物語は、いつかペンパルを持とうという人や、本当に信頼のおける友だちがいるのがどんなことか知っている人なら、誰でも心があたたまることだろう。

   あたたかくゆかいな友情の物語を演出するアーノルド・ローベルのブルーとブラウンのイラストは、すべての読者の心をひきつけ、気持ちよく楽しませてくれる。ローベルの名作「Frog and Toad」シリーズの一作である本書は、カルデコット賞を受賞し、全米図書賞児童文学部門でも最終候補に残った実力をもつ。ぜひ子どもの本棚に加えたい一冊だ。そしてもっともっとフロッグとトードが読みたい人は、『Frog and Toad Together』、『Frog and Toad All Year』、『Days with Frog and Toad』もお見逃しなく。(4-8歳向け)(Emilie Coulter, Amazon.com) くちコミ情報を見る



Nineteen Eighty-four: Unabridged (Penguin Modern Classics)
George Orwell Timothy West (監修)  
¥ 3,136(税込)
(税込)
ジャンル内ランキング:2813385位  
くちコミ情報を見る


Goodnight Moon
Margaret Wise Brown Clement Hurd (イラスト)  
¥ 1,096(税込)
¥ 16,879(税込)
ジャンル内ランキング:315591位  


商品説明
   子どもが眠る前のひとときにおあつらえむきの本といえるだろう。『Goodnight Moon』(邦題『おやすみなさいおつきさま』)は、これから眠りにつこうとしている(というより、まだ眠りたくなくて時間を稼いでいる)子ウサギのおやすみのあいさつを短い詩にしたものだ。子ウサギは目に入るものすべてに、そして声の届くところにあるものすべてに「おやすみ」を言う。「静かにしなさい、とそっとささやいているおばあさん」にも。クレメント・ハードの絵はシンプルで印象的だ。ページをめくると、白黒の小さな絵と、見開きいっぱいに鮮やかな色が広がる子ウサギの部屋の絵が交互に現れる。

   本の中で子ウサギが呼びかけているもの全部を絵の中に見つける遊びをすると、寝る前のひとときが一段と楽しくなる。繰り返し登場する小さなネズミはちょっと手ごわいが、子ウサギのおやすみの詩は、最後には小さなささやきに変わっている。夜の訪れとともに絵のトーンも暗くなる。最後のページをめくるころ、子どもはきっと、眠そうな笑顔と少なくとも1度や2度のあくびを見せてくれることだろう。 くちコミ情報を見る



The Great Gatsby/Cassettes
F. Scott Fitzgerald Alexander Scourby (ナレーション)  
¥ 2,388(税込)
¥ 3,283(税込)
ジャンル内ランキング:2231198位  


商品説明
1922年、F・スコット・フィッツジェラルドは、「何か新しいもの、斬新で美しくて質素なもの、手のこんだ構成のもの」を書くと宣言した。それが、彼の代表作にして最高傑作である、『The Great Gatsby』(邦題『グレート・ギャッツビー』、または『華麗なるギャツビー』)だ。「ジャズ・エイジ」の光と影を描いた本書は、狂欄の1920年代の雰囲気をとらえた小説で、「アメリカの神話」の中で不動の地位を占めている。

   貧しさの中から身を起こし、裕福になったジェイ・ギャッツビーは、フィッツジェラルド、あるいはアメリカそのものにつきまとう、金や野心、貪欲さ、進歩主義信仰などの強迫観念を象徴する。
 「ギャッツビーは、緑の灯火を信じていた。お祭り騒ぎは、年々かげりを見せはじめているというのに、未来は明るいと信じていた。いざ、その時が来て、明るいはずの未来が素通りしていっても、たいした問題ではない。明日になれば今日より速く走ることができるし、大きく手を広げることもできるから…そしてすがすがしい朝が――」
   夢の実現と崩壊を描いたこの小説は、「アメリカンドリーム」に一種の警鐘を鳴らす作品なのだ。

   この小説は、デイジー・ブキャナンに対する、ギャッツビーのかなわぬ思いを描いたラブストーリーでもある。2人の出会いは、物語の始まる5年前。若きデイジーはケンタッキー州ルーイヴィルの伝説の美女、ギャッツビーは貧乏な将校だった。2人は恋に落ちるが、ギャッツビーが海外出征している間に、デイジーは、粗暴だが非常に裕福なトム・ブキャナンと結婚してしまう。

   戦争から帰ってきたギャッツビーは、なりふりかまわず、富とデイジーを追い求めることに没頭する。やがて、当初は目的にすぎなかった富が、デイジーを手に入れるための手段になっていく。
 「彼女の声は金でいっぱいだ」
   これは、ギャッツビーが、この小説の中でも特に有名なシーンで発する賛辞の言葉である。

   金持ちになったギャッツビーは、デイジーの住まう高級住宅地のイースト・エッグと、ロングアイランド水道を挟んで向かい合わせの地所に大豪邸を購入し、ぜいたくなパーティーを開いて、デイジーが現れるのを待つ。そして、彼女が登場すると、物語は、ギリシャ劇につきものの、悲劇的な様相を見せはじめる。かたわらで冷静な目で見ている隣人のニック・キャラウェイは、終始「コロス」を受け持つ。無駄のない文章、 洗練されたストーリー、透き通った文体。『The Great Gatsby』は優れた詩文でもある。 くちコミ情報を見る



Alice's Adventures in Wonderland (Commuter's Library)
Lewis Carroll Ralph Cosham (ナレーション)  
¥ 2,350(税込)
¥ 2,957(税込)
くちコミ情報を見る


Frog and Toad Audio Collection(Cassette)
Arnold Lobel (監修)  
¥ 1,469(税込)
¥ 4,260(税込)
ジャンル内ランキング:1577513位  


商品説明
   仲良しの友だちにまさるものなし…。有名な仲良しふたり組、かえるくんとがまくんは、何世代にもわたって子どもたちに愛されつづけている。お化けの話をするときも、なくしたボタンを探すときも、クッキーを食べすぎてしまったときも、ふたりの冒険にはいつだって友情の魔法があふれている。この魅力的なオーディオコレクションには、「Frog and Toad」シリーズの全4作品を収録。文学賞受賞作家の著者アーノルド・ローベルみずからが、ユーモアと魅力たっぷりに朗読している。

収録作品:
『Frog and Toad Are Friends』(邦題『ふたりはともだち』)
『Frog and Toad All Year』(邦題『ふたりはいつも』)
『Frog and Toad Together』(邦題『ふたりはいっしょ』)
『Days with Frog and Toad』(邦題『ふたりはきょうも』)

かえるくんとがまくんは最高の友だち――お互いにとっても、そして時代を超えた子どもたちにとっても。ふたりはたくさんの楽しいときを一緒に過ごす――凧上げに挑戦したり、なくしたボタンを探したり、クッキーを食べすぎたり、お化けの話をしたり。ニューベリー賞を受賞した本シリーズの全作品を著者アーノルド・ローベルが朗読したこのコレクションは、すべての年代の聞き手に友情と親切のありのままの姿を語りかけている。 くちコミ情報を見る

9,281ページ中 1ページ目を表示しています (110件)
2 3 4 5 6 7 8 9 10 | Next»
バーゲンコーナー[和書]
バーゲンコーナー[家電]
売れ筋ランダムフィーチャー
  our partners


ご意見ご感想はこちらまで...

このサイトはAmazon Web サービスを利用して作成しています。